FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

バスの終点の風景7・桃源台(神奈川県箱根町)

IMG_8023.jpg

桃源台は神奈川県箱根町にある箱根登山バスの終点です。箱根登山バスは桃源台線という路線が発着しており、朝夜数本はこの先の湖尻や途中の仙石案内所止まりの便がありますが、ほとんどは桃源台まで運行されています。また箱根登山バスの他新宿、横浜方面の小田急箱根高速バスと京浜急行バスも乗り入れていますが西武系列の伊豆箱根バスは乗り入れていません。

桃源台の特徴として港(箱根海賊船)とロープウェイ乗り場が隣接しているということがあげられます。ロープウェイ利用の場合は小田原までの場合大涌谷、早雲山、強羅、箱根湯本と乗り換える必要がありますがバスだと仙石、宮城野、宮ノ下を経由し小田原まで乗り換えなし。なるほどうまく共存を図っているのだなと感じました(2018年2月10日訪問)。

スポンサーサイト



  1. 2020/05/24(日) 23:00:18|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景6・坂手東(香川県小豆島町)

P1280807.jpg

坂手東は小豆島にある小豆島オリーブバスの終点です。自治体としては香川県小豆島町に所属し坂手線、田ノ浦映画村線が発着しており、小規模ながら駐車スペースも設けられています。

坂手東はジャンボフェリーの発着する坂手港にすぐ近くに設けられており港のはずれにある拠点バス停という感じを受けました(2016年6月26日訪問)。

  1. 2020/05/17(日) 22:57:04|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景5・信貴山門(奈良県三郷町)


IMG_1298.jpg

信貴山門は奈良県三郷町にある近鉄バスと奈良交通の終点です。近鉄バスは高安山駅から50番と51番、奈良交通は信貴山下駅から16系統、43系統などが発着しています。奈良交通はかつては信貴山までの運行でしたが2012年4月に信貴山門まで延長され、近鉄バスと連絡しています。

この場所には元々信貴山急行電鉄平坦線(高安山~信貴山門)という鉄道路線がありここはその終点でした。戦時中に休止、廃止され廃線跡は信貴生駒スカイラインに転用されています。

金屋口でも触れましたが、鉄道路線が廃止となっても交通の結節点となっているのはとても興味深いです(2016年12月23日訪問)

  1. 2020/05/10(日) 22:04:32|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景4・神社下(長崎県長崎市)

IMG_5877_202005042108371bd.jpg

 神社下は長崎県の池島にあるバスの終点で、自治体としては長崎市に所属します。かつては長崎バスが運行してたようですが、現在は長崎市コミュニティバスの1つの池島線として運行されています。

 池島は2001年に閉山した池島炭鉱があり人口は7700人まで膨れ上がりましたが、人口減少が続き訪問時の人口は130人。そんな小さな島(失礼)にバスが成立すること自体が興味深いのですが、アップダウンが非常に激しく、またわずかながら観光需要もあるためではないでしょうか。

 神社下は文字通り池島神社の近くにあり回りは廃墟と化した炭鉱住宅だらけ。昭和の遺産に囲まれた特異な終点でした(2019年5月3日訪問)。

  1. 2020/05/04(月) 21:28:48|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景3・金屋口(和歌山県有田川町)

IMG_0992.jpg

金屋口は和歌山県有田川町にある有田鉄道(有鉄バス)の起終点の1つです。藤並線、美山線などが発着しています。本社や整備工場車庫、有鉄観光タクシーの本社も併設されています。乗り場は画像左の屋根がついている場所から発車しています。

有田鉄道(有鉄バス)の特徴として貸切バスは大型車が在籍しているのに対し、路線バスの方は小型車両ばかりということがあげられます。

IMG_0991.jpg

金屋口に併設されている有田鉄道本社。なお写真右に駅が写っていますが、こちらは2003年に廃止された有田鉄道線の終点の金屋口駅。鉄道からバスに役割は変わっても起終点の場所となっているのが興味深いですね(2019年9月8日訪問)。

  1. 2020/04/30(木) 23:16:00|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景2・松尾橋(京都市右京区)

IMG_0257.jpg

松尾橋は京都市右京区にある京都市バスの終点の1つです。3系統、67系統、71系統などが起終点としています。元々は市電梅津線、後にトロリーバス梅津線の終点だった場所で廃止に伴いバスの転回場に転用されています。松尾橋と名前がついていますが、橋自体はこの場所から西へ100メートルほど離れています。

ちなみに目の前を走る道路は京都の主要通りの1つである四条通ですが、ここまで来ると片側2車線となり、生活道路としての要素を強く感じます(2020年2月2日訪問)。

  1. 2020/04/22(水) 23:03:59|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

バスの終点の風景1・三井楽(長崎県五島市)

コロナの影響で更新ネタが少なくなってきましたので、新しくカテゴリーをつくってみました。不定期に更新していきたいと思います。

IMG_4861_202004192051590c0.jpg

多くのフェリーが発着する福江島の交通の中心、福江港から1時間ほど。三井楽は五島列島の福江島北西部にある五島バス(五島自動車)三井楽線の終点です。三井楽駐在所が設けられ数台のバスの駐車スペースがありますが、窓口は既に閉鎖されており実質待合所となっています。自治体としては五島市に属しますが平成の大合併までは三井楽町でした。

IMG_4871_2020041920520315b.jpg

旧三井楽町内のバスもかつては五島バスが運行していましたが、2007年に廃止され「三井楽半島バス」というコミュニティバス(実質乗合タクシー)に転換されました。三井楽バス停とは異なり数十メートル離れた三井楽タクシー本社から発車します(2019年4月29日訪問)。

  1. 2020/04/19(日) 21:21:48|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR