FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

5月6日・稲荷児童公園

今年のGW最終日は最近設置された小ネタを拾いに。

IMG_3730.jpg

京阪伏見稲荷駅とJR稲荷駅に挟まれた橋の上にあった京都市電稲荷線の稲荷電停跡。最近になってレールが出土し案内看板が設置されました。

IMG_3734.jpg

(伏見)稲荷大社前バス停の京都駅行きのりばに待機スペースが設けられていました。まぁ急激に観光客が増えましたしそれ対策でしょうか、この日は伏見稲荷自体が閑散としていたのでだれも待っていませんでした…。

今回の更新は以上です。

スポンサーサイト



  1. 2020/05/21(木) 22:58:22|
  2. 日記
  3. | コメント:0

5月5日・豊田・碧南ほか

今年のGWは泊りでの旅行がない異例の年でしたが、さすがにすっと家にいるのもあれなので名鉄の駅訪問と保存車訪問に。

IMG_3449.jpg

JR岐阜駅前に設置してある黄金の信長像にマスクと垂れ幕が掲げられていました。これも1つの時代の記録といえましょう。岐阜から名鉄に乗車し、知立で三河線に乗り換え。若林で下車します。

IMG_3486.jpg

若林駅から徒歩3分ほどの場所にある若林駅西(若林交流館)からバスに乗車。豊田交通のポンチョ(豊田200 か 351)に乗車します。

IMG_3489.jpg

堤上町というバス停で下車。ちょうど豊田交通の車庫がありました。タクシーのほか貸切バスも運行しています。

IMG_3496.jpg

車庫近くにとまっていた豊田交通・豊田300 あ 31.上郷地域バス「にこにこバス」で使用されている車両です。こういうジャンボタクシーも乗合タクシーが混じっていることがあるので油断なりません。

IMG_3502.jpg

さて、今回の目的はこの車両。豊田市の服部工務店で保存されているピーチライナーこと桃花台新交通の111です。最近整備されたようで。

IMG_3508.jpg

なお車内も公開されており写真を撮影。思いのほか扉が固く開けるのに難儀しました。

アクセス:若林駅西(若林交流館)から高岡地域バス「ふれあいバス」路線1明知下公民館行き、知立駅から高岡地域バス「ふれあいバス」路線2上丘町行きで「堤上町」下車徒歩7分

IMG_3528.jpg

若林駅に戻り三河線の降りつぶしを再開。土橋駅前で見かけたとよたおいでんバスで使用されている豊栄交通・853(豊田230 い 2019)。最近導入された燃料水素バスです。

IMG_3567.jpg

山線の降りつぶしを終えて海線の降りつぶしへ。碧南で下車するのも10年ぶりですが駅舎が建て替えられてコンパクトになっていました。

IMG_3579.jpg

終点の碧南は無人駅でその隣の碧南中央は有人というのも面白いところ。碧南中央駅前で見かけた碧南市くるくるバスの三河800 す 9344

IMG_3598.jpg

北新川駅で愛知みどり交通という初見の貸切バス事業者を見かけました。とまっていた三河230 あ 304と三河230 あ 301

IMG_3666.jpg

刈谷市駅前で愛三ビルというなかなか味のあるビルを見かけました。パチンコ・スロット、レストラン、映画館という昭和の娯楽詰め合わせ(?)という感じが素敵です。

この後は本星崎と左京山で下車して帰りました。今回の更新は以上です。

  1. 2020/05/17(日) 22:39:25|
  2. 日記
  3. | コメント:0

5月3日・箕面・大阪空港

昨今の情勢があれですので、泊りがけのお出かけは今年のGWは全てキャンセルしましたが、軽く日帰りでお出かけしてきました。

IMG_3318.jpg

阪急を乗り継いで箕面まで。ちょうど阪急観光バスの001(なにわ200 う 1)が箕面駅前にやってきました。ガラシア病院の特定です。

IMG_3321_202005102100498d2.jpg

      箕面コミュニティバス オレンジゆずるバスの阪急バス・1038(大阪200 か 2961)

IMG_3333.jpg

箕面駅から10分ほど歩いて箕面温泉へ向かいます。今回の目的はこれ。1993年に廃止された大阪観光箕面鋼索鉄道線(ケーブルカー)の山下駅跡に残るホーム跡です。山上駅の方はプール建設のため撤去されていますが山下駅の方はホームが残っていました。

IMG_3379.jpg

ついで大阪モノレールで大阪空港まで。GWの中日なのに恐ろしいほど閑散としていました。こちらはANAの方。

IMG_3372_20200510210050d22.jpg

こちらはJALですがほとんど欠航し15時の時点で動いているのが札幌(新千歳)、コウノトリ但馬、仙台、羽田、鹿児島の一部という悲惨な状態。こういうのもいつか貴重な記録となればいいのですが。

IMG_3402.jpg

そういえば大阪万博の復刻ラッピング編成がいたことを思い出し大阪空港で待機。40分ほどでラッピング編成の2115Fがやってきました。

IMG_3404.jpg

当然のことながら私は大阪万博の頃は生まれていませんが、このロゴはなかなか好きです。

IMG_3412.jpg

駅名が変わった柴原阪大前でちょいっと撮影。うまくモノレールっぽさが出ているでしょうか。

今回の更新は以上です。

  1. 2020/05/10(日) 21:35:16|
  2. 日記
  3. | コメント:0

3月21日・呉羽・岩瀬浜ほか

富山旅行続きです。

この日は富山駅の南北接続線の開業日でしたが一番列車には乗車せず7時過ぎに起床。検索すると証明書なども配られていたようですがまぁ。

IMG_2026.jpg

適当に撮ったのでブレブレですが、富山駅で並んだサントラムとポートラム。まだまだ違和感があります。これまで分断されていた鉄道が1つのレールでつながり直通列車が走る様子はさながら「南北統一列車」というべきでしょうか。

一旦あいの風とやま鉄道に乗車し、呉羽で下車。あるものを見に来ます。

IMG_2043.jpg

呉羽にある汽車ラーメン しゅっぽっぽで利用されているワフ35505.ワフ35000の保存利用例というのもあまり聞きません。

アクセス:呉羽駅から呉羽いきいきバス老田・古沢・池多ルートで「追分茶屋」下車徒歩5分or富山大学前、富山駅などから地鉄バス10系統で「追分口」下車10分

追分口から地鉄バスに乗車し富山大学前で下車。ここで路面電車に乗り換えます。なお新線開業に伴い結構な乗車があったのかダイヤが乱れており15分ほど待ってサントラムに乗車します。

IMG_2074.jpg

途中で乗り換えて国際会議場前で下車。富山城バックのポートラム、まだまだ違和感がありますがこれが日常となっていくのでしょう。

IMG_2082.jpg

さて、富山城址にある富山市郷土博物館でちょうど富山駅に関する展示が行われていたので見学に行きます。路面電車の南北接続線開通を記念して無料公開でした。

IMG_2114.jpg

さて、一日券を購入したので電停を黙々と降りていきます。地鉄ビル前電停そばにある地鉄ビル。島鉄本社前(現在は名称変更)、浦上車庫のように運行している自社の施設名を駅名に取り入れるの割と好きですね。

IMG_2127.jpg

昨日で富山駅電停に統合され役割を終えた富山駅北電停にやってきました。当然のように列車は通過していきます。富山駅で昼飯をかきこんでほぼ満員の岩瀬浜行き列車に乗車。会話を聞くに開業したから乗ってみた地元の方は多かったようです。途中の競輪場前には臨時駐車場が設けられていました。

IMG_2145.jpg

行き違い列車の遅れなどでダイヤが乱れ乱れになっていましたが岩瀬浜に到着。8年半ぶりの訪問です。ここで日本の公営私鉄鉄道再完乗となりました。

IMG_2150.jpg

岩瀬浜~競輪場前間の有名撮影スポットを通ったので列車を待ちますがダイヤが乱れていてなかなか来ません。20分ほど待って適当に撮影。まぁPCの壁紙くらいにはなるかな。

IMG_2179.jpg

ところで富山港線内からの環状線直通は「グランドプラザ前」と出るのですね。

IMG_2175.jpg

蓮町で四方行きのフィーダーバスを撮影。こちらは富山ライトレールが運行していましたが合併に伴い地鉄が運行しています。

IMG_2187.jpg

富山港線内の列車が積み残しが出るほど混んでいたので歩きながら駅の降りつぶし。越中中島駅近くで見かけたオークスバスの車庫です。インテック本社前で富山港線の全駅下車達成。かなり歩きました。残った富山軌道線の降りつぶしをしますが富山港線内が超混雑していただけに座れただけで安堵感?を覚えました。

IMG_2286.jpg

 折角なので稲荷町にやってきました。こちらは部品取りとして譲渡された東急デハ8181。こういう部品取りで転がっている車両割と好みです。

IMG_2289.jpg

歴史ある地方私鉄特有の怪レい車両は稲荷町にもいます。おそらく左は控車?で右は無蓋車でしょうか。

IMG_2298.jpg

ちょうど元レッドアローと元京阪旧3000系が並びました。昭和の大手私鉄特急どうしの組み合わせが熱い。今日は一日歩きまわって疲れました。

続きます。

5月15日追記 一部の画像消してしまったので復活させましたが画像の大きさが違うのは仕様です

  1. 2020/04/02(木) 23:33:00|
  2. 日記
  3. | コメント:0

3月14日・浜坂・香住・城崎温泉

個人的18きっぷの行き先の1つである北近畿方面へ行ってきました。

IMG_1498.jpg

そういえば梁瀬駅で下車していなかったなと思い下車。駅看板の文字がなかなか力強い。城崎温泉で鳥取行きの普通列車に乗り換えます。

IMG_1521.jpg

途中で鎧という駅に停車しますが、駅のホームから荒々しい日本海を望む漁村が見えました。インクラインの遺構もありますし夏に下車したいものです。

IMG_1528.jpg

浜坂で下車。そういえば来るのは初めてです。駅前には温泉地にある「ようこそ〇〇へ看板」が。こういう看板も集めてみると面白いかもしれません。

IMG_1531.jpg浜坂を発着する路線バスは新温泉町民バスが主体ですが、浜坂駅すぐ近くにバスが何台か止まっていました。

IMG_1534.jpg

新温泉町民バス・1924(姫路200 は 211)。全但バスの塗装そのままに使用されている車両がいるのが興味深いところです。智頭のすぎっ子バスでも見たような(日ノ丸自動車の車両)気が。

IMG_1550.jpg

香住駅で10分ほど停車したので降りてみましたが、見てくださいこの大きなカニ!(テレ東風に)。カニで有名だけあって改札口のすぐ上にモニュメント?が展示してあるのは流石です。城崎温泉で下車し、徒歩で城崎温泉ロープウェイに向かいます。


IMG_1590.jpg

城崎温泉ロープウェイはロープウェイとしては珍しい中間駅のある駅(温泉寺駅)となっています。前回は降り損ねたので再訪問。ロープウェイで中間駅ってあとは新神戸の神戸布引ロープウェイくらいでしょうか。

IMG_1603.jpg

城崎温泉から乗車した豊岡行きにキハ41がくっついていました。こんな連結もあるのですね。播但線のイメージ強いだけに意外です。さて、豊岡で1時間ほど時間がありますので保存車を見に行きます。

IMG_1617.jpg

豊岡駅から徒歩15分ほどの場所にある中央公園で保存されているC57 11(再訪問)。整備がされていないのがサビが目立ちます。

IMG_1624.jpg

豊岡駅に戻る途中でこんな街並みに溶け込んだ古い建築を見つけました。

IMG_1645.jpg

そういえば福知山の113・115系もいつまで残るのでしょうか。あまり注目されていない気がします。

今日の更新は以上です。

  1. 2020/03/18(水) 23:13:23|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月25日・那覇バスターミナル・瀬長島

沖縄旅行続きです。安里のカプセルホテルを出庫し、まずは新しくなった那覇バスターミナルへ再度向かいます。

IMG_1224_202003122158032bb.jpg

 千葉内陸バスから移籍した東陽バス・沖縄200 か 516.新塗装になっていました。

IMG_1233_20200312215835394.jpg

5年前に沖縄に行ったときは米軍スクールバスなどがわんさかいた印象がありますが、だいぶ数を減らしており、3台くらいしか見れず。余談ですが沖縄のバスのフロント部分に経由地を置いているのかなり好みです。

IMG_1241.jpg

 撮りバスしているとやってきた那覇バス・沖縄22 き 447。いわゆる一枚窓キュービックで現役な車両は全国でもここくらいでしょうか。那覇バスターミナル、前は屋根がなく滝のようにバスがやってきたのでひたすらバスを撮っていましたが、ちょっと撮りずらくなっていました。

 モノレールで移動し壷川で下車します。

IMG_1256.jpg

 ゆいレール壺川駅から徒歩10分ほどの場所にある壷川東公園で保存されている大東製糖の5号DL。沖縄県の保存車は宜野湾に西鉄、今帰仁にSLと客車群と少なからず存在しましたが、現存するものは与儀公園のD51とこの壷川東公園、そして南大東島のみとなっています。

IMG_12651.jpg

足回りのみのこの車両はSL1号機。上回りは腐食し廃棄、下回りのみ保存という珍しい形態となっています。壺川からゆいレールで移動し那覇空港へ、ここからあるバスに乗車します。

IMG_1301.jpg

那覇空港から乗車したのは去年から運行開始した中部観光サービスの瀬長島・空港線。那覇空港、赤嶺駅と瀬長島ホテルを結ぶバスでキャッチコピーは「空港に一番近い島」です。

IMG_1302.jpg

瀬長島は那覇空港の南にある島で滑走路がかなり近い。結構な頻度で飛行機が離発着していました。ここで国内では沖縄以南にしか出ないサニーゴをようやく捕獲。GPSがバグったりして大変でした。

IMG_1321.jpg

帰りは行きのポンチョとは違う車両で戻ります。予備でエルガミオ?がいるようですがそちらは動いていませんでした。

IMG_1283.jpg

 一応貸切バスウォッチングもしましたが、那覇バス、東陽バス以外でいたのはゆいバス(結)くらい。コロナウイルスの影響をひしひしを感じます。さて、そろそろ搭乗の時間です。ランプバスで機体まで移動し搭乗します。

IMG_1335.jpg

飛行機の車内より見かけたANA那覇空港の14号車。出所が分かりやすい元神奈中です。しかし空港ランプバス、それも空港内専用の車両はかなり撮影ハードルが高く泣かされます。

沖縄と言えばまだ石垣島や宮古島、慶良間など離島のバスの宝庫。機会をみつけて行きたいものです。

  1. 2020/03/12(木) 23:28:32|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月24日・伊江島

沖縄旅行続きです。安里のカプセルホテルを出庫しゆいレールで古島へ。ここで那覇空港始発のやんばる急行バスに乗り換えます。

IMG_1030.jpg

五輪ナンバーのやんばる急行バス・沖縄230 い 9221@伊芸PA。小田急箱根高速バスからやってきた車両です。1時間40分ほどで本部港に到着、下車します。

IMG_1053_202003082230011d1.jpg

本部港で撮影した沖縄バス・590(沖縄200 か 590)。前後扉と前面確認窓からわかる通り京阪バスからやってきた車両です。そういえば那覇市内から本部、美ら海水族館方面の直通バス、つい5年前までやんばる急行バスしかなかったのですが沖縄エアポートシャトルにカリー観光と一気に競合が激しくなったのが興味深いところですね。

IMG_1049.jpg

本部港から伊江島へは伊江島村営フェリーが出ています。村営フェリーだから小さいものを想像していたら思いのほか巨大なフェリーで驚きました。写真の「ぐすく」に乗船します。

IMG_1081.jpg

乗船していると平べったい島が見えてきました。こちらはクロワッサンアイランドとして知られている水納島です。そういえば小学生の時に家族旅行で行きました。なお本部港から船便が出ておらず、渡久地港から高速船が出ています。25分ほどで伊江港に到着、下船します。

IMG_1111.jpg

伊江島内には伊江島観光バスの路線バスが運行されています。路線名は「東廻り折返し線」。こちらに乗車し終点まで。

IMG_1116.jpg

20分ほどで終点の真謝入口に来たのはいいのですが即折り返すダイヤだからか扉の開閉すらせずに発車したのにはまいりました。後で行きます。

IMG_1117.jpg

伊江港の1つ前の営業所前バス停で下車。往復(たしか)500円でした。裏手に車庫があったので見に行きます。

IMG_1120.jpg

            阪神バスからやってきた?伊江島観光バス・沖縄200 か 1145

IMG_1125.jpg

こちらも阪神バスからやってきた?伊江島観光バス・沖縄200 か 1133.なおこの2両は沖縄本島の営業所からやってきたようで。

IMG_1127.jpg

小型バス(沖縄200 あ 167)が奥にいました。そこまで大きな事業者ではないので見かけたのは路線バス1台と貸切バス3台。この小型バスは乗合貸切兼用でしょうか。さて、伊江港近くでレンタサイクルを借りて伊江島内を散策します。

IMG_1137.jpg

半ば廃墟と化しているこの建物は伊江島空港。定期便のない空港であり小値賀空港同様閉鎖されていました。どことなく国道沿いの潰れたドライブインみたいですね。

IMG_1154.jpg

先ほどいた伊江島観光バス東廻り折返し線の終点、真謝入口にやってきました。周辺には米軍訓練施設と畑くらいしかありません。

IMG_1155.jpg

何もないバスの終点ですが、なぜか魅力を感じたのは私だけでしょうか。どこか惹かれるものがあります。この後は伊江港に戻り資料館を見学し本部港に戻ります。本部港からは再びやんばる急行バスに乗車。

IMG_1186.jpg

帰りのバス(やんばる急行バス・沖縄230 い 3221)は千葉交通から移籍した車両でした。バリエーション豊富で見てて興味深い。この日は再び安里のカプセルホテルにイン。

続きます。

  1. 2020/03/08(日) 23:34:52|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月23日・首里城公園・てだこ浦西

順番が前後しましたが、2月の連休に沖縄に行ってきました。11月にピーチでセールが行われたのでそれでなんとか確保していたものです。

阪急と南海を乗り継いで関空へ向かいピーチに搭乗。2時間弱で那覇空港に到着します。

IMG_0854.jpg

 那覇空港の駐車場にいた那覇バス・沖縄200 か 964.西東京バスから移籍した車両でニッポンレンタカーの送迎バスとして使用されています。那覇空港からゆいレールに乗車。首里で下車します。

IMG_0890.jpg

目的地は首里城公園。沖縄は5年半前にも訪問していますが、その時は観光周遊バスで訪問していました。残念ながら昨年に復元された本殿を含む建物が火災にあい、無残な姿でした。

IMG_0895.jpg

正殿近くへは入れないので付近の階段付近より撮影。まさか全焼するとは。思わず言葉もありません。前に訪問した時は有料だったと記憶していますが今回は特に料金はかからず。一応ハンドブックを買っておきます。見学を終えてゆいレールの乗りつぶしへ。

IMG_0908.jpg

儀保駅へ向かう途中でこんな車を見つけました。沖ナンバーが現役とは。

IMG_0917.jpg

首里からゆいレールの新線区間に乗車。割とアップダウンやカーブが激しく、モノレールの本領発揮といったところです。てだこ浦西到着直前にトンネルまであるとは。

IMG_0925.jpg

ゆいレールの新しい終点、てだこ浦西に到着。回りはまだまだ整備途中といったところです。個人的な話になりますが、残った私鉄未乗車線は富山ライトレールから地鉄に移行した富山港線。3月に南北接続線が開通しますのでそのついでに乗るつもりです。

IMG_0965.jpg

2日券を買っていたので石嶺駅近くの那覇バス石嶺営業所へ向かいます。沖縄のバス、本土からかなりの中古車がやってきておりかなりの沼といったところ。

IMG_0979.jpg

まだ軽かったので旭橋駅近くの那覇バスターミナルへ。こちらは那覇バスターミナル建て替え工事の際に出土した沖縄県鉄道の転車台跡。戦禍で消滅していますので貴重な遺構です。

IMG_0991_20200529210332d54.jpg

新しくなった那覇バスターミナルでうろうろしてましたがまぁ立派な建物になっており浦島太郎気分です。ちょうど個人的に沖縄で好きなバスがやってきました。前後扉のバスですが、後ろ扉を溶接して埋めておりトップドアに仕立て上げています。

この日は安里駅近くのカプセルホテルにイン。続きます。

  1. 2020/03/04(水) 23:18:00|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月11日・名鉄瀬戸線ほか

折角の祝日ですし、名鉄瀬戸線沿線の小ネタを拾ってきました。

IMG_0436.jpg

まずは尾張瀬戸駅近くの瀬戸蔵ミュージアムで保存されている名鉄モ754を見学。カットボディとなっており状態は屋内保存だけあって良好です。前に来たのはそういえば9年前でした。

IMG_0423.jpg

台車も保存されているのが特徴ですが、床下をよく見るともう1つの台車も収蔵されていました。

IMG_0429.jpg

この瀬戸蔵ミュージアム、館内に旧尾張瀬戸駅の駅舎が再現されており、ホームに停車するような形で車両が展示されているという状態となっています。見学を終えて尾張瀬戸駅に戻り、全駅下車を開始。

IMG_0458.jpg

 瀬戸市役所前駅前で見つけたワム285815を利用したたこ焼き屋。店名は「たこやきのちよ」です。さて、瀬戸線には数多くの廃止駅が存在しますが、中には痕跡が残っている駅もあります。

IMG_0477.jpg

こちらは尾張旭~三郷駅間にあった平池駅。分かりずらいですがホームの一部分が残っています。場所は 35.215367, 137.042008

IMG_0505.jpg

印場駅で下車して歩くと途中でバスの廃車体を発見。検索すると名古屋市営バスのいすゞBU04(番号不明)だそうで。

IMG_0513.jpg

こちらは印場~大森・金城学院前間にあった霞ヶ丘駅。先ほどの平池駅よりはくっきりと残っていますね。場所は 35.209522, 137.003578

IMG_0536.jpg

こちらは瓢箪山~小幡間にあった笠寺道駅跡。右側の空き地には2012年まで駅舎がありました。場所は 

35.198119, 136.968773。なおこの3駅はいずれも1944年に休止、1969年に廃止されています。東大手で下車し、ある場所へ向かいます。

IMG_0571.jpg

途中でこんなバスを見かけました。なごや観光ルートバスメーグルの名古屋市営バス・M-01(名古屋200 か 1974)。種車は日野レインボーですが天窓を取り付けお顔はブルーリボンシティとかなり手の入っている車両です。

IMG_0585.jpg

市役所近くの大津橋にあるこの階段、元々は瀬戸線の「お濠区間」(土居下~堀川間)に存在した大津町駅の階段跡。所有者は現在も名鉄のようでした。地下鉄で金山に抜けて少しだけ駅を下車。

IMG_0608.jpg

いつも思うのですが島氏永って戦国時代の人物にいそうです(元々島駅と氏永駅で統合されて島氏永となっています)。

IMG_0622.jpg

帰り際はもう真っ暗でしたが岐阜駅北口広場の名鉄モ513がライトアップされていました。

今回の更新は以上です。

  1. 2020/02/16(日) 23:37:03|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月8日・9日の撮影より

暖冬とはいえ寒い日が続きます。小ネタをちょこちょこと。

〇2月8日

IMG_0273.jpg

健康診断ついでに銀閣寺の近くまで行ったのですが閑散としていました。いつも超混雑している急行100系統も着席できるありさまで改めてコロナウイルスによる社会への影響を感じます。

IMG_0279.jpg

せっかくなので市バス錦林車庫近くの京都市電1801、2603も見学。近所ですが意外と見に行く機会がないという。

IMG_0328 - コピー

急行100系統で東山七条で下車し、豊国廟へ向かいます。豊国廟のそばにはプリンセスラインの車庫がありますが、最近導入したという大型貸切バスがいました。

IMG_0330.jpg

こちらは出所がわかりやすいプリンセスライン・京都200 か 3418.見たのは初めてかな。

IMG_0302.jpg

たしか以前見た時は白ナンバーだったと思いますが、いつの間にか緑ナンバー化したプリンセスライン・京都200 あ 577.京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院の特定車です。

〇2月9日

IMG_0367.jpg

 初見のみなみ観光(ナンバラ興産)・香川22 い 75.香川22 いナンバーってそういえばあまり見たことがありません。

いつも通りカトリック衣笠教会前(金閣寺出口)で1時間辻立ちしていたわけですが撮影できた観光バス(含む定期観光バス)は8台。先週は20台でしたので半分以下。ここまで観光客の減少が如実に現れるとは…。

 今回の更新は以上です。

  1. 2020/02/13(木) 22:58:56|
  2. 日記
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR