FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

5月30日・洲本・五色浜

 鉄道のない淡路島の保存車+色々を見てきました。
IMG_8379_20210606210908404.jpg
 三宮で見かけた神戸市バス、いつの間にか京阪バスよろしく発車時間が出るようになっていました。神姫バス神戸三宮バスターミナルから淡路交通の高速バスに乗車し終点の洲本バスセンターまで。
IMG_8417.jpg
 洲本で見かけた洲本観光タクシー・神戸330 か 5151。洲本市コミュニティバスの車両です。洲本から淡路交通の鳥飼線に乗車。大型バスでしたが狭隘路や軽く山越えをして中々面白い路線でした。
IMG_8447.jpg
五色浜バス停で下車。この日は梅雨の晴れ間で海がよく見えます。遠くの島影は小豆島か。
IMG_8443.jpgIMG_8442.jpg    
 淡路島には鉄道はない(過去には存在しました)が、保存車が存在します。中央アルプス観光の駒ヶ岳ロープウェイの2014年に引退した 2「くろゆり」です。五色浜バス停から10分ほど歩いた別荘地?のゲストハウスに置かれている車両です(許可を得て撮影)。調べたらgigazineの記事にもなっていました。その記事だともう1両いるようでしたがありませんでした。
IMG_8460.jpgIMG_8468.jpg  
 洲本に戻りますが途中の宇山で下車。近くには淡路交通の洲本車庫(左)と道を挟んで洲本第二車庫があります。こう見ると高速バス車両の多いこと。
 帰りはJRバスで三宮に戻ります。
IMG_8488.jpg
 三宮にあるこの三宮地下道A14出入口、神戸市電時代からあるもので電停への地下道の跡なんだろか。
IMG_8491_20210606210808963.jpg
 阪急神戸三宮の駅舎が震災前のデザインを彷彿とさせるものに建て替わっていました。こういう以前の建築をオマージュ(?)するの結構好きですね。
 今回の更新は以上です。
スポンサーサイト



  1. 2021/06/06(日) 22:33:58|
  2. 日記
  3. | コメント:0

5月2日・三原山・波浮港

GWの旅行続きです。
岡田港近くのお宿をチェックアウト。10時発の大島バスの三原山ライン発車まで周囲を散策します。この三原山ラインはその日の入港地により発着場所(岡田港・元町港)が異なるのが特徴です。
IMG_7054.jpg
岡田港で見かけた大島バス・010(品川200 か 3141)。平和交通から移籍した車両です。
IMG_7072.jpg
三原山ラインに乗車し30分ほどで終点の三原山頂口に到着。外輪山の山頂口展望台より山頂を撮影。それにしてもすごい光景(語彙力なし)です。折り返しのバスまで3時間あるので山頂まで登山します。
IMG_7093.jpgIMG_7109.jpg  
この日は風が非常に強く、高速船が全便欠航するほど。横風に注意しながら山頂まで登山します。登山道を振り返ると伊豆半島と海原と溶岩地帯が見えました。1時間ほどで山頂に到着しますが風が吹き荒れており火口西展望台から火口を見物して退散します。
IMG_7101.jpg
 山頂にある三原神社上社の鳥居より撮影。インスタ映えしそうな光景でした(横風で撮影するのも大変でしたが)。下山しバス停近くのお茶屋でお昼をとり岡田港へ戻ります。
IMG_7147.jpg
 前述した通りこの日は高速船が全便欠航でしたが3代目さるびあ丸は運航していました。まぁ明日乗ることになるんですけどね。さて、岡田港から元町港へ向かいます。
IMG_7156.jpg
 大島営業所にいた大島バス・006(品川200 か 2528)。ナンバーが新しいですが中古かナンバー変更しているのかな?
IMG_7167.jpg
元町港からは波浮港ラインに乗車します。途中有名な地層断面を通りましたが本当にバウムクーヘンみたいな縞模様なんですねぇ。
IMG_7181.jpg
 波浮見晴台で下車。波浮港が上から見えますが、元々は火口湖で江戸時代の津波で外洋と繋がりさらに港口を広げて港にしたという経緯をもっています。下の樹木がなければもっときれいに見えたのにぁ(ないものねだり)。そういえばブラタモリでも出ていましたね。
 この日は元町港近くのお宿へ。続きます。
  1. 2021/05/13(木) 22:28:00|
  2. 日記
  3. | コメント:3

4月17日・漆山ほか

 友人氏に誘われて泊りがけで奥飛騨の方に行ってきました。
IMG_6579.jpg
 京都から大阪始発の高山行きの特急ひだ25号に乗車。大阪しなのが廃止された今貴重な直通列車となっています。岐阜で下車し尾張一宮へ向かい伊勢の友人氏の車に乗車し一路飛騨へ。
IMG_6602.jpg
 神岡鉄道の漆山駅跡にやってきました。ここは廃線後に一部区間がレールマウンテンバイク Gattan Go!!の渓谷コースとして整備されました。
IMG_6605.jpg
 漆山駅跡で保存(利用)されている神岡軌道の5トン積有蓋貨車(ワ508?)。小ブログでも触れていますが元々は奥飛騨温泉口駅跡で保存されていた車両です。
IMG_6612.jpg
 なお車両(?)はこんな感じでマウンテンバイクを改造したものとなっています。往復6.6キロもありトンネルや橋梁も通過する本格的なものですが、電動アシスト付きでレールの上を走るとあってか思いのほか運転は楽でした。
IMG_6639_20210425203459353.jpgIMG_6638.jpg   
 20分くらいで二ツ屋トンネルの前にある終点の二ツ家に到着。板張りされ駅名標もあるあたり本気度が伺えます。
 アクセス:猪谷駅から濃飛バス神岡猪谷線神岡営業所行きで「ガッタンゴー漆山駅」下車すぐ
IMG_6644.jpg
 今日のお宿は新穂高ロープウェイ前のホテル穂高でしたがまだ積雪していた山並みが見えました。まさか明日こんなことになろうとは…。 
 続きます。





  1. 2021/04/25(日) 21:14:16|
  2. 日記
  3. | コメント:0

3月28日・広島・宇品島

広島コミケついでの小ネタより。
IMG_6145.jpgIMG_6147.jpg  
 広島コミケの開催まで時間があったので芸備線を数駅降りつぶし。矢賀で快速みよしライナーを見かけましたがキハ120も入るのですね(快速広島ってこの時のために入っているのか)。
 さて、広島コミケを終えて数分で撤収し広島港方面へ向かいます。
IMG_6183.jpg
 この日は天気が悪かったのですが広島港から見た似島が雲のせいかどこか神秘的な?雰囲気となっていました。ラスボスとか住んでそう。
IMG_6188.jpg
元宇品口で下車し、一応離島(暁橋という短い橋で架橋されていますが)の宇品島を訪問。こちらは近くの桟橋にいた新来島宇品どっぐの第五こふじ。従業員輸送船なんだとか。
IMG_6201.jpg
 広島バスでグランドプリンスホテル広島にやってきました。ここには桟橋が併設されており宮島などへ高速船が出ています。桟橋が併設されているホテルというのもなかなか聞きません。
IMG_6217.jpg
グランドプリンスホテル広島近くには広島バスの待機所が。こういう小さな待機所は好みなもの。さてグランドプリンスホテル広島から広島バス21-2号線で広島駅に戻ります。
IMG_6240.jpg
帰りの新幹線まで時間があったので新幹線口でバスを撮影。ちょうどいた石見交通・626(島根200 か 380)。
IMG_6253.jpg
 この辺りも時代の記録として。しかしいつになったら落ち着くのでしょうかね。
 今回の更新は以上です。
  1. 2021/04/11(日) 21:04:25|
  2. 日記
  3. | コメント:0

3月20日・伊勢鉄道・三岐線

 伊勢鉄道で珍しくフリーきっぷ(それも3月の全ての土日祝日が使えるタイプ)が発売されたので降りつぶしがてら小ネタを拾ってきました(切符は事前に通販で購入)。
$RLCKDE8.jpg$RYFPVOS.jpg  
中瀬古で鳥羽行きの快速みえをスナップ。中瀬古は快速みえが一応停車しますが、朝の名古屋方面数本のみで鳥羽方面は全く停車しないという面白い駅です。よく見たら駅手前の手すりが「NAKASEKO」になっていますね。
$RAEF8B7.jpg
 車庫のある玉垣にいた保線車。3両とも無番号でした。機関車は富士重TMC400NC、貨車はパラスト運搬散布車です。
 余談ですがまさか駅めぐりしてほぼ同じ行程をたどる同業者がいるとは思いませんでした。玉垣で全駅下車を終えて四日市へ向かいます。駅前に白いバスが見えたので見に行くと…
$RORIQ26.jpg
 アルファバスジャパンの電気バス(大宮200 は 636)がいました。なんかイベントが行われており、JR四日市と近鉄四日市を結ぶシャトルバスで使用されていました。
 富田で下車し近鉄富田へ向かい三岐線に乗車します。
IMG_5770.jpg
 暁学園前駅から徒歩10分ほどの場所にあるダルマさん。一見ただのワムハチですが、こちらは三岐鉄道に譲渡された車両で番号はワム708(元ワム184759)です。
$R9A6S4T.jpg
 ついで丹生川で下車。七尾から移転し新しく収蔵された番号不明のタ600がいました。京福からやってきた軽貨車の上に乗っています。現存最古級の貨車なんだそうで。
IMG_5858_20210331225551ecc.jpg
 こちらは保々駅から西へ30分ほど歩いた場所の三岐鉄道ワム706(元ワム184073)。かつてシージーシーグループの広告貨車として利用されたことがあり、その当時の白塗装が出てきています。
$RENIA83.jpg$RQFSKVB.jpg  
三岐線も久しぶりに行ったら復刻塗装が増えてなかなか楽しい。左は旧塗装の101F、右は西武塗装の805F
$RMBIA16.jpg
                 保々の車庫にいた西武赤電塗装の803F
$R1BFHQZ.jpg
 そういえば三岐線の保線車って撮ったことなかったよなと思い撮影。こういう私鉄の保線車もなかなか沼が深いものです。
 今日の更新は以上です。

  1. 2021/04/01(木) 22:54:11|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月14日・御在所・塩浜

伊勢志摩御在所旅行続きです。近鉄四日市近くのお宿から出庫し湯の山線に乗車。近鉄湯の山温泉駅から三重交通に乗り換えて終点まで。
IMG_4218_20210225213101b88.jpg
温泉街につきものの廃墟。こちらは鶯花荘という旅館跡で御在所ロープウエイ(エは大文字)の駐車場からよく見えました。
IMG_4221.jpgIMG_4227.jpg  
御在所ロープウエイ湯の山温泉駅前に置かれていた御在所ロープウエイ38と5314。どちらも保存目的で置かれているのでしょうか?
さて、御在所ロープウエイに乗車し山上公園まで。思いのほか時間がかかりました。山上公園で観光リフトに乗り換えます。
IMG_4296.jpg
この日の御在所岳は霧に包まれており、視界はゼロ。時間もギリギリだったので早々に頂上駅から折り返すともう乗るの?と言われてしまった。
IMG_4291.jpg
御在所の観光リフトが面白かったのは中間駅がありそのうちの1つのスキーハウス駅は乗降車不可だったこと。「一般の方は乗車できません」とあったので事業用か上級者向けスキー場コース利用者のみ利用できるのでしょうか。
IMG_4299.jpg
御在所観光リフトはもう1つカモシカ駅という中間駅がありますが、こちらも頂上行きは降車はできませんがロープウエイ(山上公園)行きは降車できるという変わった仕組みとなっています。折角なので下車してすぐ乗車したら怪訝な目をされました。
IMG_4301.jpg
ロープウエイ駅につく前に見かけた怪しげなゴンドラ。資材運搬用だと思いますが、奥の方が近鉄を模しているのは面白いですね。
IMG_4306.jpg
 多くの搬器があるゴンドラの特徴?といえばこういった貨物用ゴンドラ。こちらは湯の山温泉にいた貨2です。箱根や獅子吼にもいましたがこういうのも調べると沼が深そう。
 バスで近鉄湯の山温泉まで戻り湯の山線を降りつぶし。一旦桑名へ向かい新しく窓口の設置された養老鉄道桑名駅の入場券を購入し次は塩浜へ。
IMG_4398.jpg
塩浜駅近くにある冨士交通(三重)塩浜営業所。このご時世とあってか何台か車両がいました。
IMG_4409.jpg
塩浜に戻るとはかるくんことモワ24がいました。本当に神出鬼没な車両です。次は伊勢若松で鈴鹿線に乗り換え。
IMG_4428_20210225225442085.jpg
この鈴鹿線、湯の山線の全然集める気のない運賃箱いつ見ても使用されることあるのかなとふと思います(実際問題ほとんどの駅は自動改札や簡易ICリーダーがあるからいいでしょうけど)。
IMG_4423.jpg
というわけで柳で近鉄全駅下車達成。なんだかんだ引き延ばしているうちに10年かかってしまいました。
IMG_4453_20210225213059f47.jpg
 帰りにこんな駅に寄り道。川合高岡駅から徒歩3分ほどの場所にある名松線一志駅です。普通に乗り換え可能な距離ですが特に連絡乗車券などはなかったはず。
 今回の旅行は以上です。
  1. 2021/02/25(木) 23:19:18|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2月13日・賢島・磯部・河芸

 近鉄で期間限定で3日間3000円のフリーきっぷとかいう破格なフリーきっぷが発売されたので降りつぶしついでに色々と。
 金曜日の仕事終わりに近鉄特急に飛び乗り大和八木で乗り換えて松阪まで。この日はここでイン。翌日はひたすら山田線、鳥羽線、志摩線の駅降りつぶし。
IMG_3970.jpg
志摩線の白木が変わった構造で4線あり待避可能となっていました。志摩線唯一の待避可能駅とのこと。
IMG_3995.jpg
降りつぶしがてら駅撮りでスナップ。五知で撮影した50000系しまかぜの50103F(SV03)です。さて、志摩横山で降りつぶしを終えて賢島へ移動。
IMG_4037.jpg
賢島で見かけた1440系1438F(VW38)。三重交通時代の復刻塗装です。
IMG_4044.jpg
賢島は鉄道駅があり島という感じがしませんが、一応離島。バス路線はスペイン村へ向かう路線や内宮前から発着しているパールシャトルが出ています。こちらは賢島・鵜方・スペイン線に入っていた三重交通・3092(三重230 あ 3092)。
IMG_4054.jpgIMG_4055.jpg   
賢島で少し時間があったので駅近くの遊覧船発着場へ。賢島マリンレジャーと賢島遊覧船組合のおふねが発着してます。右は賢島遊覧船組合の賢島五世。
IMG_4099.jpg
さて、賢島から志摩磯部に移動し近くの三重交通志摩営業所を訪問。志摩磯部は昔訪問していますがここは行ってなかったのでした。
IMG_4095.jpg
 志摩磯部駅はスペイン風の駅舎となっていますが、バスセンターもスペイン風となっています。半ば廃墟化しつつある駅の方とは違いこちらはきれいに整備されていました。
 志摩磯部から乗ろうとした特急がコロナの影響で鳥羽から運行となっており、慌てて前の京都行き特急に飛び乗ります。近鉄のHPよく見とけばよかった。ともあれ鳥羽で乗り換えて津まで向かいます。
IMG_4169.jpg
 豊津上野で下車し、駅から徒歩13分ほどのこんなダルマさんを見に来ました。河芸漁港で利用されているワラ1936です。この日は四日市のお宿にイン。
 続きます。
  1. 2021/02/21(日) 23:11:45|
  2. 日記
  3. | コメント:0

1月4日・伊良湖・鳥羽

 そういえば鳥羽の方に久しく行っていないなと思い帰省の帰りついでに寄ってきました。
IMG_3074_202101142111271e3.jpg
三河田原駅で時間があったので近くの豊鉄ミディ・豊鉄タクシーの田原営業所を訪問。ミディの貸切バス(左)は初めて見た気がします。
IMG_3083.jpgIMG_3082.jpg  
こちらは初めて見かけた渥美交通。ぐるりんミニバス表浜線の豊橋300 あ 90(左)、田原営業所にいた豊橋200 あ 10(右)。
IMG_3091_202101142107565ee.jpg
同じくぐるりんバスの豊鉄ミディ・04(豊橋200 か320)。2代目ポンチョも入っていたのか。田原駅前から豊鉄バス伊良湖本線に乗車し、伊良湖港へ向かいます。
IMG_3122.jpg
1時間ほどで到着。30分ほど時間があったのでおふねを観察。パイロットボートの山本通船・いらご3。パイロットボートというのは初めて聞きましたが水先案内人を乗せるものだとか。
IMG_3121.jpg
伊良湖港を散策していると怪しげな台車がありました。おそらく修繕とかでお船を運ぶものでしょうか。
IMG_3137.jpg
伊良湖港から鳥羽港まで伊勢湾フェリーの鳥羽丸に乗車。この辺りはまだ内湾だと思うのですが冬とあってか風が強く若干揺れていました。船内より神島を撮影。この辺りの鳥羽の島々もゆっくり巡ってみたいものです。
IMG_3196.jpg
鳥羽駅近くにある鳥羽バスセンターで初めて見かけた伊勢志摩ナンバー。図柄と相まってかっこいいの一言に尽きます。鳥羽から18きっぷを使用し参宮線の降りつぶしに。
IMG_3228.jpg
                 松下で撮影したキハ25形M107編成
IMG_3237.jpg
快速みえも停車する二見浦駅。駅舎は夫婦岩を模したデザインとなっていますが無人駅なんですね…。
IMG_3276.jpg
外城田駅近くで撮影したキハ75の快速みえ。冬場は日没が早いので降りつぶししずらいですがいわゆるエロ光線は好きですね。この後は宮川で降りつぶしを終えて亀山柘植草津線経由で帰りました。
今回の更新は以上です。
  1. 2021/01/14(木) 21:49:53|
  2. 日記
  3. | コメント:0

11月29日・越智大島・松山

 因島ほか続きです。
IMG_1742.jpg
前の記事でふれた通りお宿が尾道の対岸の向島でしたが、尾道水道が見渡せます。山陽線や渡船に乗って短いなと思ってましたがこんなに近いとは。
IMG_1755.jpgIMG_1757_2020121316590190f.jpg 
お宿から尾道渡船の「にゅうしまなみ」を観察。飾り気もなく黙々と往復しており日常に溶け込んでいる様子が伺えます。2枚目は以前乗船したことのある備後商船の百風です。
IMG_1780.jpg
オタクカーに乗車ししまなみ海道の亀老山展望公園へ。見渡す限りのしまなみ海道の大パノラマでした。
IMG_1799.jpg
道の海よしうみいきいき館に立ち寄るとちょうど瀬戸内海交通が停車していました。そういえば見るのは初めてですね。しまなみ海道のバスもまた巡検せねば。
IMG_1829.jpg
なんか流れで松山に来てしまいました。大街道商店街でGOTO紙クーポン消化がてら昼飯をとると最近投入されたモハ5000形のモハ5004がいました。
IMG_1834.jpg
南堀端で見かけた伊予鉄道モハ2004.元京都市電の車両ですが本当に行き先がフルカラーLEDになっているとは…。
IMG_1837.jpg
時刻表を見るとちょうど南堀端に坊ちゃん列車がやってくるとのことでしたのでスナップがてら撮影。中身はディーゼル機関車とはいえSLが客車を引いて路面を爆走しているのは驚かされます。
IMG_1855.jpg
帰りに与島PAで休憩しましたがちょうど日没。写真に写っているのは本島です。
今回の更新は以上です(ご一緒した各位ありがとうございました)。
  1. 2020/12/14(月) 21:33:15|
  2. 日記
  3. | コメント:0

11月14日・富田林ほか

近鉄の1000円の一日乗車券でお出かけしてきました。京都からだと西大寺往復だけで元がとれるという。
IMG_0295.jpg
高田市で下車し、昼飯ついでに軽くスナップ。ちょうど16201F(SY01)「青の交響曲」がやってきました。一般車を特急用車両に改造した車両です。
IMG_0284.jpg
高田市駅のあべの橋方で数枚撮影。さくらライナーの26102F(SL01)がやってきました。
IMG_0309.jpg
古市で長野線に乗り換えて富田林まで。百舌鳥・古市古墳群が世界遺産になったことをアピールするラッピング車両が来ました。
IMG_0317.jpg
富田林で下車したのは金剛バスこと金剛自動車を見るため。関西でもあまり馴染みがない事業者で何年か前に見た時は夜だったので再度訪問したかったのでした。
IMG_0324.jpg
富田林駅前に案内所と小さな車庫がありましたがこういう駅前にあるバス待機所は好みなもの。
IMG_0379.jpg
帰りに学園前で奈良交通を見てきましたが久しぶりにキュービックを見ました。それにしても奈良交通でもツーステをあまり見かけなくなったなと。
今回の更新は以上です。
  1. 2020/11/26(木) 22:04:21|
  2. 日記
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

検索フォーム

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (154)
保存車 (288)
バス (166)
イベント告知関連 (76)
バスの終点の風景 (19)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR