FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

5月24日・長浜

コロナウイルスの状況もだいぶ落ち着いてきましたので長浜まで軽くお出かけをしてきました。

IMG_3823.jpg

長浜はよく通過しますが、降りたのは何年ぶりでしょうか。まずは長浜鉄道スクエアへ向かいます。ここは9年ぶりか。

IMG_3838.jpg

長浜鉄道スクエアで保存されているED70 1。元々は敦賀で保存されており2003年に長浜にやってきました。

IMG_3840_202005312044571d5.jpg

こちらも長浜鉄道スクエアで保存されているD51 793.2両とも状態は良好です。

IMG_3848.jpg

時間があったので長浜港にやってきました。こういう湖の港の待合所もまとめてみると面白いかも。

IMG_3849.jpg

長浜港からは竹生島行きの船が出ていますが、訪問時には運休でした。停泊していた琵琶湖汽船の「リオ グランデ」。

IMG_3860.jpg

長浜で見たかった長浜タワービルにやってきました。雑居ビルで今は使用されていないようですがなかなか味がありますね。

IMG_3863.jpg

TOWER BILLと誤表記(正しくはBUIL)しているのがB級建築っぽさを引き立てて素敵です。

今回の更新は以上です。

スポンサーサイト



  1. 2020/05/31(日) 21:32:53|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

4月5日・信貴山下ほか

18きっぷの消化で奈良方面に行ってきました。本当は南信州方面に行く予定でしたがコロナの影響により夜行バスを払い戻し代わりにこちらに行くことに。

王寺で近鉄生駒線に乗り換え。信貴山下で下車します。

IMG_2990.jpg

信貴山下駅からはかつて近鉄東信貴鋼索線(東信貴ケーブル)が出ていましたが1983年に廃線。コ10の車輪と運転台部分が信貴山下駅構内に展示されています。

IMG_2999.jpg

もう1両のコ9は廃止後に勢野北口駅近くの三郷北小学校で展示されていましたが今年になってふるさと納税クラウドファンディングが成功し信貴山下駅前すぐの場所に里帰りしました。

IMG_2997.jpg

移設にあたって再塗装されているほか三郷町指定文化財に指定されています。

IMG_3017.jpg

ケーブルカーの床下部分が観察できるというのも珍しい。ケーブルカーの保存車って案外少ないんですよねぇ…。

IMG_3010.jpg

ついでに信貴山下駅近くの三郷小学校で保存されているC57 160を訪問。たもん号という愛称がついているのが特徴ですがよく見るとヘッドマークが新しくなっていました。

IMG_3030_20200426203943b9f.jpg

王寺に戻り和歌山線の駅めぐりへ。車両は105系を置き換えた227系1000番台ですが行き先表示に王寺町のマスコットキャラクターである「雪丸」が出ていたのは芸が細かいな、と。

IMG_3056.jpg

大和新庄駅前で見かけた葛城市コミュニティバスれんかちゃんバスの奈良交通・奈良200 か 981

IMG_3076.jpg

かつてスイッチバック駅だった北宇智駅で奈良県内の鉄道駅全駅下車達成。かつてのホーム跡がそのまま残されていました。

IMG_3091.jpg

吉野口で数分停車したのでホームに出ますがこの乗り換え案内がなかなか味がありました(近畿日本鉄道線という表記がつよい)。

今回の更新は以上です。

  1. 2020/04/26(日) 23:12:31|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

3月29日・屋島・志度線

高松旅行続きです。瓦町の宿を出庫し、瓦町駅へ。一日券を購入し志度線の降りつぶしを行います。

IMG_2730.jpg

志度線の列車の中には2両編成に1両増結しているものがありますが、通り抜けできなくなっているのが面白い。

IMG_2760_20200419203313f26.jpg

なかなか好みな私鉄電車という感じの721F。元々は名古屋市営地下鉄を走っていた車両です。さて、琴電屋島で下車し、あるものを見に行きます。

IMG_2770.jpg

屋島登山鉄道の屋島ケーブル(廃線)の山麓駅、屋島登山口駅跡で留置(保存)されているケーブルカー車両。窓ガラスが割れるなど痛みがあります。こちらは山麓方の1「義経」

IMG_2777.jpg

こちらは山頂方の2「弁慶」。元々は屋島山上駅跡に留置されていましたが、災害などで滑落する恐れがあるため数年前に山麓駅におろされています。

IMG_2768.jpg

そういえば2012年に訪問した時は駅舎が残されていましたが、その後解体され集会所となっています。車両はどう活用するのでしょうかね。

IMG_2797.jpg

琴電屋島駅に戻るとJR屋島駅から出ている屋島山上行きのシャトルバスがやってきました。本数は少ないですが運賃は100円となっています。次は屋島山上駅跡も訪問せねば。

IMG_2805.jpg

琴電六万寺駅から大町駅へ歩いているとバスの車庫を見かけました。八栗観光の車庫です。降りつぶしを黙々と進め塩屋で下車。道の駅へ向かいます。

IMG_2834.jpg

道の駅源平の里むれに隣接する房前公園で保存されている琴電3000形335.海に近い場所ですが保存状態は良好です。

アクセス:塩屋駅・房前駅から徒歩7分

原駅で志度線全駅下車達成。志度へ向かい高徳線に乗り換えます。少し早いですがコロナもありますし早く帰ることに。

IMG_2871.jpg

連絡船うどんを食べて駅名標を見上げると 運休 の文字が。そういえばコロナの影響で運休する普通、特急列車があったなと思い出します。こういうのも貴重な記録となるでしょうか。

IMG_2907.jpg

岡山へマリンライナーで向かい軽くバス撮影。岡山駅空港リムジンバス乗り場でおかでんチャギントンを見かけました。

今回の更新は以上です。

  1. 2020/04/19(日) 23:22:28|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

3月22日・福光・名金線・動橋

富山旅行続きです。富山から高岡まであいの風とやま鉄道に乗車。高岡でバスに乗り換えます。下車したのは新高岡駅。別に城端線でもいいのですが1時間に1本なのでバスで先回りし降りつぶします。

IMG_2340.jpg

新幹線側の新高岡駅はこんな感じ。バスは駅のすぐ前に設けられています。城端線と合わせて高岡駅への足を確保しているという感じですね。

IMG_2346.jpg

城端線の方の新高岡駅はこんな感じで駅舎こそ立派ですが無人駅となっています。こちらに乗り換えて福光まで。福光の手前で踏切の無理な横断があったらしく遅れて到着、下車します。

IMG_2364.jpg

小走りで福光公園に向かいD51 165を訪問、良好な状態です。なおこの機関車ですが北海道切切詰デフからわかる通り主に北海道で活躍した車両で(新製配置は看板によると大宮)、富山には縁がない様子。

アクセス:福光駅から徒歩13分

IMG_2368.jpg

四国の保存SLでありがちな?駅名標を模した看板が設置されていました。

IMG_2360.jpg

福光公園前にあった食堂。今も営業しているか分かりませんが時空が歪んでいますね…。

IMG_2358.jpg

IMG_2370.jpg

福光駅前の商店街を歩いてみましたがなんだろう、この少しだけタイムスリップした感は。

IMG_2375.jpg

さて、福光駅からは西日本ジェイアールバスの名金線という路線バスが出ています。折角なのでこれで金沢駅までワープ。峠越えもありなかなか楽しい路線でしたが森本駅まで乗降車なかったので大丈夫かな、と。金沢から北陸線に乗車し、動橋で下車しあるものを見に行きます。

IMG_2409.jpg

動橋駅から徒歩30分ほどのファミリーマートのそばにある北陸鉄道(小松線)のモハ3005.元々は書道教室?として車体のみが保存されていた車両ですが現存を確認。回りを覆われておりこれでは分かりません。

この後は福井、敦賀と乗り継いで帰りました。富山旅行は以上です。

  1. 2020/04/05(日) 22:47:00|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

3月20日・海王丸・生地ほか

3月21日の富山路面電車南北接続線開業に伴い富山に行ってきました。

夜行バスの青春北陸ドリーム大阪号の乗車し金沢駅で下車。まずは軽く駅めぐりをします。石動で下車。

IMG_1729.jpg

石動駅近くで見かけた小矢部市営バス。こういう駅めぐりは小さなコミュニティバスも観察できるのが興味深いところです。福岡、西高岡、高岡やぶなみを訪問し、高岡で下車。万葉線に乗り換えて終点の越ノ潟まで。

IMG_1759.jpg

越ノ潟は駅前に富山県営渡船の越の潟発着場があり、対岸の堀岡と連絡しています。微妙に表記が違うのが面白い所。

IMG_1762.jpg

ちょうど県営渡船の海竜が出発していきました。前回は乗船しましたが今回は乗船せず。なお運賃は無料となっています。

IMG_1801.jpg

越ノ潟から歩いて今回の目的の1つである初代海王丸にやってきました。1930年に竣工、1989年に引退した船で海王丸パークで保存されています。

IMG_1788.jpg

そういえば船マニアは一定数いれど救命艇マニアというのはいるのでしょうか。あまり聞いたことがないような…。海王丸駅に向かい万葉線の降りつぶしへ。

IMG_1857.jpg

車窓から見えた西新湊駅近くの海王交通の車庫へ向かいます。コロナの影響かかなりの車両が止まっていました。

IMG_1876.jpg

前も訪問していますが、万葉線新吉久駅前のTEKリトルパークで保存されている万葉線デ5022を再訪問。整備された美しい状態です。

IMG_1888.jpg

米島口車庫には廃車になった初代アニマル電車の万葉線デ7072が留置されていました。だいぶ痛みが進んでいます。思いのほか万葉線の降りつぶしに時間がかかりました。新湊港線だけ全駅降りて高岡駅へ向かいます。生地で下車しあるものを見に行きます。

IMG_1916.jpg

生地駅から徒歩15分ほどの川端鉄工で保存されている黒部峡谷鉄道ボハフ2001、ボハ2002.レールも敷かれているので保存目的でしょうか?

IMG_1912.jpg

近くの農業倉庫にはワム80000のダルマがありましたが番号は不明。

IMG_1906.jpg

この手のワム・ワラはどうも近くの場所に集まるようですぐ近くの事業所にはワム80000のダルマさんが転がっていました。数駅降りて富山駅に戻ります。

IMG_1958.jpg

夜の富山路面電車南北接続線。この開業前夜の雰囲気どこか好きです。

IMG_1969.jpg

明日で役割を終える富山駅北駅に立ち寄ります。工事に伴い仮設駅に移転していました。車両の行き先表示は南北接続線開業に備えて「富山駅」になっており、違いが面白いところです。この日は富山駅近くのホテルにイン。続きます。


  1. 2020/03/26(木) 23:49:00|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

2月15日・加悦

伊勢の友人と一緒に加悦方面へ行ってきました。今回はレンタカーを使用。竹田で合流し京都縦貫道で向かいます。

IMG_0694.jpg

公式HPからも閉園が告知された加悦SL広場を見学。こちらのヨ2047は去年行ったときは修復中でした。

IMG_0696.jpg

少し前に流行ったオタクくんさぁ…構図で1枚。加悦はここにしかいない貴重な車両の宝庫ですしなんとか1両でも多く残ればよいのですが…。

IMG_0741.jpg

ついで加悦鉄道資料館を見学します。この駅舎は元々加悦駅だったもので、曳家方式により移転し資料館として活用されています。この駅舎の前は2回ほど通りましたが来るのは初めてです。

IMG_0745.jpg

加悦鉄道資料館の裏手に大宮交通公園から移転、里帰りした加悦鉄道C-160がいました。

アクセス:与謝野駅から丹後海陸交通(丹海バス)福知山線、与謝線で「加悦庁舎」下車すぐ

IMG_0759.jpg

福知山市内の喫茶店「ももの木」で保存されている阪急2861も見に行きます。やはり阪急マルーンを維持するのは難しいようでだいぶ塗装が…。

IMG_0763.jpg

 レンタカーで丹鉄下天津駅付近を走っているとこんなトンネルを見つけました。こちらは1971年休止、1974年に廃止された北丹鉄道の廃線跡に残るトンネルです。

IMG_0767.jpg

2つ残されていますがいずれも多少は改修されているのがよくわかります。こういう廃線巡りもちょこちょことしていきたいものです。

今回の更新は以上です。

PS:お誘いいただいたS氏ありがとうございました。

  1. 2020/02/22(土) 23:09:57|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

1月25日・八日市

彦根から八日市に移設した近江鉄道の機関車を見に行きました。

IMG_0072.jpg

 700系「あかね号」の引退後にあかね号を襲名した901Fが八日市にいました。そういえば淡海号という名称は…。

IMG_0089.jpg

彦根からクラウドファンディング成功により八日市の近江酒造に移設された近江鉄道ED31 4.訪問時は休日だったので敷地外より撮影。ようやく安住の地を得た機関車です。なお屋根なしですがクラウドファンディングの計画があるとの由。

アクセス:八日市駅から徒歩20分

IMG_0103.jpg

八日市駅近くで見かけたちょこっとバスで使用している永源寺タクシー・滋賀200 あ 254.永源寺タクシーの車両を見たのは初めてです。

IMG_0109.jpg

彦根から八日市に移転した近江鉄道ミュージアムも見学。八日市駅の改札内に設置されています。彦根時代の展示品が引き続きありましたが一部展示品が増えていました。

IMG_0101_2020020221045466d.jpg

おまけその1.八日市の中日新聞東近江通信部の飛び出し坊やがドラゴンズで流石と思いながら一枚。

IMG_0141.jpg

おまけその2.京都駅に戻るとちょうど東武70000系71718Fの甲種輸送がやってきました。こんなものがありました程度で。

今日の更新は以上です。

  1. 2020/02/02(日) 22:06:04|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

1月4日・万富・石蟹・美袋・豪渓

18きっぷの消化で伯備線方面に行ってきました。

IMG_5207_20200123213825dc0.jpg

万富で下車し、前々から気になっていたダルマさんを見に行きます。こちらは「日本車(輌) 輸送機工(場) 昭和44(年)」(カッコ内欠落)の銘板が残る番号不明のワム80000


IMG_5201.jpg

すぐ近くあった番号不明のワラ1.「日本車輌 輸送機工業昭和38年」の銘板が残されていました。万富から岡山行きに乗車し、終点で伯備線直通に乗り換え。石蟹で下車します。

IMG_5247.jpg

石蟹駅から徒歩30分ほどの場所にある永山運送で保存されている足立石灰工業の三菱15tDL。あまり知られてない車両だと思いますが、この塗装は現役時代そのままでしょうか?

IMG_5242.jpg

後ろにはワフも連結されていましたがこちらは番号不明です。石蟹駅に戻り、伯備線備中高梁以南の駅下車を開始。

IMG_5257.jpg

何年かぶりに美袋で下車。駅前の美袋交通のタクシー車庫がなかなか味があります。こういった地方の駅前タクシー建築は味が多い建物が多い印象です。

IMG_5259.jpg

その中にいた美袋交通・岡山300 あ 362.総社市新生活交通「雪舟くん」で使用されている車両です。

IMG_5272.jpg

美袋交通は前述したタクシーのほか、貸切バスそして路線バスも運行しています。美袋駅東方に車庫がありました。なお路線バスは朝数本のみの模様。

IMG_5263.jpg

美袋駅東方でまたダルマさんを見かけました。ワム83616と読み取れました。

IMG_5258.jpg

なお美袋駅は国の登録有形文化財に指定されており、プレートは駅の車寄せ右側に取り付けられています。そういえば前に下車した時はこの駅舎目当てだったことを思い出しました。

IMG_5327.jpg

豪渓で降りると駅前に豪渓交通という貸切バス、タクシー会社がありました。美袋交通と同じく総社市新交通システム「雪舟くん」を運行する事業者です。

IMG_5319.jpg

 車庫から少し離れた場所にいた豪渓交通・岡山200 か 1579。ナンバーが新しいなと思い調べると神姫観光バス、稲荷交通と移籍したとの由。

IMG_5342.jpg

総社で吉備線に乗り換えて服部と東総社で下車。服部駅で夕日が列車に映えて思わず一枚。なんとか映えといったところでしょうか。そういえば吉備線もライトレール化云々言われてますし早めに全駅下車したいところです。

今回の更新は以上です。

  1. 2020/01/23(木) 23:31:57|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

1月1日・3日の撮影より

1月1日と1月3日の撮影分です。

〇1月1日

元旦恒例の豊川稲荷に行きました。

IMG_5035.jpg

名鉄豊川線内の普通列車に毎年掲出される迎春イラスト板。今年は令和発表のあのシーンを模したものとなっていました。

〇1月3日

実家から京都に帰るついでに本長篠、田口方面に行ってきました。

IMG_5085.jpg

本長篠で降りたのは10年ぶり?ですがバス乗り場は駅から少し離れた場所に小規模?なバスターミナルが整備されていました。ここからバスに乗車し田口まで。

IMG_5102.jpg

田口は新城からの豊鉄バスのほか、おでかけ北設などのコミュニティバスも連絡する山間部の交通の拠点となっています。ここから歩いてある場所へ向かいます。

IMG_5109.jpg

休館中の奥三河郷土館で保存されている豊橋鉄道(田口線)のモハ14.この車両も10年ぶりくらいの訪問です。状態はそこそこといったところ。

IMG_5117_20200119213933ba0.jpg

なお奥三河郷土館は清崎地区への移転が予定されており、この車両も移転するとの由。そのためか車内の資料が整理されていました。

アクセス:本長篠駅前などから豊鉄バス田口新城線田口行きで「田口」下車徒歩15分)

帰りは新城市民病院まで行くバスでしたので川路というバス停で下車します。

IMG_5129.jpg

川路バス停はカッコ書きで(三河東郷駅)のある通り三河東郷駅前にあります。元々三河東郷は川路を名乗っていたのでなるほど、といったところ。

IMG_5185.jpg

帰りはひたすら飯田線本長篠以南の駅降りつぶしをしていましたが江島で1枚。こういうカーブは好みなもの。そういえば飯田線は天竜峡以北の伊那飯田エリアの保存車をほとんど回っていません。駅訪問と合わせて行かねば。

今日の更新は以上です。

  1. 2020/01/19(日) 23:03:54|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

12月28日・嵯峨嵐山・岐阜

年末の旅行記です。トロッコ嵯峨駅にあるD51 51が1月から撤去されるという知らせを受けてまずは嵯峨嵐山へ向かいます。

IMG_4355.jpg

枝が入っていましたが、トロッコ嵯峨駅前で保存されているD51 51.元々はくずはモールで保存されていた車両が移転したものです。

IMG_4354.jpg

1月に撤去云々の報が12月ですからえらい急だなと感じましたが、惜別ヘッドマークもつけられていました。ついでにトロッコ嵯峨駅内で保存されている車両を見に行きます。

IMG_4371.jpg

トロッコ嵯峨駅には4両のSLが保存されていますが、屋内保存のためいずれも美しい状態で国内で五指の状態だと思います。はとのヘッドマークを掲げたC56 98.

IMG_4387.jpg

                   つばめのヘッドマークを掲げたC58 48

IMG_4374.jpg

こちらは若鷹号の愛称のあるア4形7.アは阿波鉄道からの買収機を表します。かつては鷹取工場で保存されていましたが閉鎖に伴いトロッコ嵯峨駅に移転しています。

IMG_4389.jpg

トロッコ嵯峨駅の保存機関車で特筆するべきがこのD51 603.追分機関区で保管中で火災にあい、人知れず保管され嵯峨嵐山にやってきた車両です。

IMG_4392.jpg

後ろから見ると断面図がよくわかるカットボディとなっています。SLは煙室などを切開したカットモデルは多々ありますが、カットボディはかなり少ないです。

IMG_4405.jpg

トロッコ嵯峨駅のジオラマ京都JAPANで保存されているEF66 49、EF66 45のカットボディ。49は木津のパン屋の、45はさいたま市の眼科医の片割れとなっています。

IMG_4383.jpg

先ほどのD51 603の後ろに怪しいトロッコがありましたがこれはなんでしょうか(レプリカなのは確かですが)。

IMG_4369.jpg

松山人車軌道あたりをモデルにしたのでしょうか、人車が復元されています。個人的な話ですがこのトロッコ嵯峨界隈、行くたびに何かしら変わっている印象があります。

さて、嵯峨嵐山から嵯峨野線に乗車し、今年の東下り開始。まずは岐阜へ向かいます。岐阜からは岐阜バスに乗車し、ある場所へ向かいます。

IMG_4443.jpg

岐阜女子大学近くの梅村建工うめさんパークで保存されている岐阜金華山ロープウェーの2号搬器。元々は同じ市内の畜産センターで保存されていた車両で、修復も行われています。場所は 35°29'56.5"N 136°48'21.0"E です。

IMG_4448.jpg

車内にも立ち入ることができましたが畜産センター時代の案内やゴンドラ番号が残されていました。

アクセス:JR岐阜・名鉄岐阜から岐阜バスN73系統岐阜女子大線岐阜女子大行きで「岐阜女子大」下車徒歩7分

IMG_4437.jpg

バスの終点というものが好きでちょこちょこと撮影しているのですが、岐阜女子大バス停は大きな待合所が整備されていました。バスの終点の同人誌をつくってもいいかもしれません。

この日は岐阜から新快速に乗りそのまま実家へ転がり込みました。続きます。

  1. 2020/01/09(木) 23:27:55|
  2. 保存車
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR