FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

こみトレ31ご報告

そういえばこみトレ31の報告をしてなかったのでご報告。

〇神戸市電保存車大全…2冊

〇名古屋市電保存車大全…2冊

〇京都市電保存車大全…2冊

〇離島バス・ガイド№1 新潟交通佐渡…2冊

〇離島バス・ガイド№2 豊島・直島・小豆島…5冊

〇離島バス・ガイド№2.5 家島・坊勢島…3冊

 売り上げは以上です。小ブースに来ていただいた方ありがとうございました。


                           小ブースの様子
 なお次のイベントはまた決まりましたら告知します。


スポンサーサイト



  1. 2018/01/27(土) 22:45:31|
  2. イベント告知関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月8日・関屋・太子・野迫川

 やや時間が空きましたが、1月8日にTwitterのフォロワーさんと一緒に保存車巡りをしてきました。今回もフォロワーさんの車を使用。
 まずは藤井寺市の西名阪自動車沿いにあるスイッチャー群を訪問。


 一見するとどこかのスイッチャーなのですが、何か違和感があります。




 人車や貨車、機関車などありとあらゆる車両が置かれています。それもそのはず、ここはアクティオという建材レンタル会社の関西営業所です。トンネル工事の写真で機関車を見かけることがあり、どこから持ってきたんだろうといつも疑問でしたが、レンタル事業者がいるのですね。


  近鉄あやめ池遊園地・機関車(1975「北斗七星」)・客車2両@楠公会あけぼの保育学院(近鉄関屋駅から徒歩10分)
 これは知らなかった車両ですが、かつて存在した近鉄あやめ池遊園地で使用されていた車両です。なお近くにはあけぼの保育園やあけぼの幼保学院がありますが、そちらではないので注意。


    TMC200C形無番@松井軌道(近鉄上ノ太子駅から徒歩40分or南阪奈道太子インター下車)
 これも知らなかった車両ですが、太子町内に置かれている保線車両です。おそらくJRで使用された車両と思われますが詳細不明。なお松井軌道は検索すると富田林市にある保線事業者とのことで、何か訓練用に置かれているのでしょうか?
 車を飛ばし奈良県、そして野迫川村へ向かいます。


                     豊橋鉄道モ7302@アドベンチャーランド(野迫川)
 やや撮影しづらかったのでこの角度でしか撮っていませんが、野迫川村の山奥にある豊橋鉄道7300系モ7302です。7300系は廃車後に民間に何両か譲渡されていますが、そのうちの1両です。滝谷、豊橋市内の車両は訪問していますがここは初めて(なおまだ森町の車両も未訪問)。
 しかしこんな山奥のキャンプ場(失礼)によく車両を運んできたよなぁというのが率直な感想です。
 同じ敷地内にはこんな車両も。

 一瞬大阪の赤バスかと思いましたがよくよく見たら塗装やドア配置が異なります。この車両は神奈川中央交通のえぼし号で使用された車両で、「ち104」の社番が読み取れました。「移動事務所」という扱いのようですが使用しているのかしら。

 なお余談となりますがこの場所、自家用車以外の公共交通機関でのアクセスが非常に難しい場所です。ひとまずは羅列。
1.野迫川村役場から野迫川村営バス上垣内-弓手原線に乗車し「大股」下車徒歩20分。なおこの路線は平日1往復のみでスクールバスも兼ねているため朝が野迫川役場行き、帰りは大股・弓手原小学校前行きというダイヤで使うのは難しめ。
2.野迫川役場から約11キロを徒歩3時間
3.ホテルのせ川(高野山駅から送迎バスあり)に宿泊し、ホテルから徒歩1時間

2もかなり距離があるのでお勧めできませんし、タクシーもいないため公共交通機関のみだと3くらいしかないと思われます。


 帰りに天川村内でこんなものを見つけました。貨車&ログというワムハチを6両使用した宿泊施設です(最寄りは奈良交通の中谷というバス停)






 なお6両とも番号は読み取れず。車内の写真は宿泊施設のHPを参照。

 この後は道の駅に寄り道し、大和西大寺駅で分かれて帰りました。
 最後になりますがお誘いいただいたN様には深く御礼を申し上げます。

 今回の更新は以上です。




  1. 2018/01/25(木) 22:54:44|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月7日・のみでん広場


 18きっぷの消化で能美市の保存車訪問をしてきました。

 いつも通り始発で出発しようとしたら起床事故。次の鈍行だと接続が悪く、福井までサンダーバードでワープすることに。


 が、なんとJR京都線の千里丘で人身事故発生。悪いことは重なるものです。閉口しながらサンダーバードを待ちます。


 たしか折り返し京都発普通米原行だったとおもうのですが、快速 神戸 の表示に。神戸行は夕方にあったような記憶があります。
 なんとかサンダーバードに乗車し福井で下車。普通列車に乗り換えて能美根上で下車します。


                   加賀白山バス・石川230 あ 779@能美根上駅
 能美根上駅から能美市コミュニティバスに乗車。思いのほか乗車時間が長く、50分ほど揺られ「物見山運動公園」というバス停で下車します。


 バス停からあること10分、2両の保存車が見えてきました。閉館した能見市立博物館ののみでん広場で展示されている北陸鉄道ホム1(左)とモハ3761(右)です。なお広場は工事のため立入禁止で敷地外より撮影。ホム1は近年寄贈された車両です。

アクセス:能美根上駅から能美市コミュニティバスのみバス南ルート辰口福祉会館行で「物見山運動公園」下車徒歩10分or能美根上駅・鶴来駅から能美市コミュニティバスのみバス直行ルートで「辰口図書館前」下車徒歩3分or北鉄バス「辰口」下車徒歩5分

 能美根上駅に戻り、北陸線の駅めぐり。難読駅名の動橋で下車します。


 動橋はかつての特急停車駅とあり、立派な駅舎が残っていますが、無人駅となっています。


 動橋と大聖寺、そして加賀温泉駅の関係はwiki等に詳しく載っていますのでここでは書きませんが、動橋駅の待合室には年表が掲げられていました。栄枯盛衰が伺えます。
 この後は森田で下車しようやく北陸線全駅訪問を達成。鈍行を乗り継いで帰りました。次は尾小屋あたりに行きたいですがバスの少なさがネック。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/01/18(木) 23:09:06|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こみトレ31告知

 1月21日に大阪南港のインテックス大阪で開催されるこみっくトレジャー31ですが、頒布物が決まりましたのでお知らせします。

〇離島バス・ガイド№2.5 家島・坊勢島(100円)




 こみトレ合わせで突貫工事で制作しました。2.5と中途半端な数字なのはコピー本で製作予定なためです。姫路市の沖合にある家島・坊勢島のバスについて取り上げています。

〇離島バス・ガイド№2 豊島・直島・小豆島(500円)



〇離島バス・ガイド№1 新潟交通佐渡(300円)



〇保存車を訪ねて№1 京都市電保存車大全(500円)



〇保存車を訪ねて№3 名古屋市電保存車大全(500円)



〇保存車を訪ねて№4 神戸市電保存車大全(300円)



 以上が今回の頒布物ととなります。それでは「4号館 カ14b」の「ほの国交通」でお待ちしています。

  1. 2018/01/17(水) 23:15:40|
  2. イベント告知関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月4日・市之倉さかづき美術館・美濃太田車両区

 18きっぷの消化で太多線の駅めぐりと保存車訪問をしてきました。
まずは多治見に向かい、バスに乗車。13分ほどのバス停で下車します。




                     東京窯業№2@市之倉さかづき美術館
 鉄道友の会のリストにも載っておらず、あまり知られていない車両だと思われます。東京窯業で使用された№2機関車で、状態は見ての通り悪いですが、編集長敬白によるとかなりの古典入換機関車との由。

アクセス:多治見駅から東濃鉄道バス下半田川線下半田川行きで「市之倉」下車徒歩3分


 なお運転台部分はこんな感じでした。
 バスで多治見駅に戻り、太多線の駅を降りつぶしします。


                  キハ75-3402・キハ75-キハ75-3502@小泉
 太多線はキハ11が消えて以来の乗車ですが、太多線にキハ75というのは違和感が隠せません。降りつぶしを進め美濃川合で下車。あるものを見に行きます。


                             美濃太田車両区
 美濃太田車両区の端で保管されている4両の車両たち。かつてはもっと多くの車両が保管されていたのはご周知のとおりですが、いずれも保存車に興味がない時だったため、記録できなかったのが悔やまれます。


                          トキ900形トキ4837
 この車両について詳しくはwiki等参照ですが、中学時代?に浜松工場の公開で見ており、実に12年ぶりの再会となりました。


                              キハ30 51


                                 キハ58 787


                                クモハ103-18
 いずれも保管状態であり、ビニールシートをかけてあるとはいえ今後の動向が気になります。

アクセス:太多線美濃川合駅から徒歩5分


             C58 280@古井小学校(敷地外より)(太多線美濃川合駅から徒歩10分)
 ついでにまだ未訪問だったこの車両を訪問。グランドの奥まった場所で保存されており、カメラのレンズをズームしてなんとか撮影しました。状態はよさげです。
 この後は高山線の美濃太田~岐阜間の未訪問駅を訪問して帰りました。

 今日の更新は以上です。

  1. 2018/01/14(日) 22:45:37|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月3日・身延・久遠寺・東静岡

 18きっぷの消化で身延に行ってきました。実家最寄り駅から普通列車とホームライナーを乗り継いで富士駅へ。ここで身延線に乗り換えて身延まで向かいます。


                  山交タウンコーチ・C637(山梨22 あ 1169)
 今年の乗りバス始めはこの車両です。まだこんな車両いたんだなというのが率直な感想。身延駅から身延山までは案外近く15分ほどで終点・身延山に到着します。


                  山交タウンコーチ・B480(山梨200 あ 370)
  久遠寺の境内はかなり広く、傾斜もありますが三門から本堂まで山交タウンコーチの乗合タクシーが出ていました。乗車時間は短めですが割と乗車していたのが印象的です。
 久遠寺の本堂の参拝を終えてこんなのりものに乗車します。


 久遠寺の本堂と駐車場の間に設置されているスロープカー。斜行エレベーターという名称があり2台の車両で運行されています(なお無番号でした)。


 車内はこのように駅名?が明記されており、本堂側が久遠寺、駐車場側が駐車場となっています(近くの看板では上の駅、下の駅とありました)。


 なお斜行エレベーターはこんな感じでこれが全景。こういったスロープカーの類も調べるとなかなか多く沼です。
 小走りで身延山ロープウェイの山麓駅(久遠寺駅)に向かい、ロープウェイに乗車。ロープウェイに乗ったのもいつ以来かしら。


                       身延山ロープウェイ「2」@奥之院
 デザインからもわかる通り身延山ロープウェイは水戸岡氏によってリニューアルされています。


 山頂駅(奥之院駅)の駅横にあった展望台から一枚。この日は富士山がきれいでした。
 身延駅に戻り、列車発車までバスを撮影します。


                     俵屋観光・山梨200 あ 316@身延駅
 この事業者は初見でしたが、早川町乗合バスを受託運行する事業者です。


 身延駅近くの山交タウンコーチ身延営業所です。身延山まで高速バスがやってくるので京王バスがいたのが印象的でした。
 身延から身延線に乗車し、西富士宮以南の駅を訪問。


                              柚木にて


竪堀にて
 富士山と列車を撮りたいなと思い、駅のホーム端から適当に数枚撮影します。富士駅に戻り東静岡へ向かいます。


ヨ13920@東静岡駅北口広場
 日没直後の訪問となりましたが、東静岡駅北口広場で展示されているヨ13920。車体のみの展示で芸術作品の一つとして展示されているとの由。最近の設置だったと記憶しています。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/01/13(土) 22:50:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月1日・2日の撮影より

 年末年始にかけて実家に帰省していましたが、その時の撮影分より。

〇1月1日


                      豊鉄バス・732(豊橋230 あ 732)@豊川駅前
 正月恒例の豊川稲荷に参拝して駅に戻ったらやってきたこの車両、行き先がフルカラーで驚きました。どうも新車のようで。


                             名鉄6800系6832F@豊川稲荷


 正月の名鉄豊川線といえばこの迎春系統板。豊川線内の普通列車に掲出されるもので毎年デザインが変更されるのがなかなか細かいところ。
 
〇1月2日

 実家から自転車を飛ばして二川駅近くの豊橋市地下資源館へ。高校卒業直前に行って以来ですので7年ぶりの再訪問です。
 館内には紀州鉱山で使用された車両が保存されています。

                          紀州鉱山機関車205・人車44


                 バケットローダー車無番号、鉱車798(左)・750(右)


 こちらは鉱車?の足回りを利用した展示ケース。特に番号等は見当たらず。


                                   軌道自転車
 いずれも屋内の保存のため良好な状態です。しかし豊橋市地下資源館、私が小学生の頃から展示が変わっておらず、ほぼそのままでむしろ安心しました…。

アクセス:二川駅北口から徒歩13分


 せっかくなの寄り道し国道1号線沿いのバスの廃車体を見に来ました。一昨年に手前にあったワラ1?の廃車体が撤去され、バスの廃車体が見やすくなりました。豊橋鉄道(豊鉄バス)の貸切車両で社番は915でした。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/01/11(木) 22:56:51|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C93(冬コミ)ご報告

 年末に行われ、委託出展していたC93(冬コミ)ですが、精算が終わりましたので売上等ご報告します。

・保存車を訪ねて№4 神戸市電保存車大全(300円)…2冊

・離島バス・ガイド№1 新潟交通佐渡(500円)…13冊

・離島バス・ガイド№2 豊島・直島・小豆島(300円)…9冊

以上です。さすがコミケだけあって半分以上売れました。委託をお願いした新京阪まーけっと様には深く御礼を申し上げます。

なお次のイベントはこみトレですが、頒布物は後日お知らせします。
  1. 2018/01/06(土) 23:16:48|
  2. イベント告知関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月30日・国土交通省犀川第三排水機場

 遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。本年も小ブログをよろしくお願いします。

 12月29日までお仕事でしたが翌日に実家へ帰省。バスが取れず新幹線も混んでそうでしたので在来線で帰ります。途中穂積で下車。タクシーに乗車し、まだ行ってなかった案件を訪問します。
 

             建設省加藤7トン&ナベトロ2両@国土交通省犀川第三排水機場
 駅から少し距離があるためまだ未訪問でした。なお門が閉まっていたので敷地外より確認しています。


 建設省加藤7トンを別アングルから。サビがあり状態はあまりよろしくはありません。なお鉄道友の会の保存車一覧によると関東634という番号があるようですが見た目では確認できず。or

アクセス:穂積駅からタクシー10分orほづみバス牛牧・穂積線で「下穂積」下車徒歩7分or徒歩30分。バスは本数が少ないので行きはタクシー、帰りは徒歩といった感じがいいかなと思います。

 今回の更新は以上です。

  1. 2018/01/06(土) 23:07:07|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR