FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

6月17日・南丹市日吉町郷土資料館ほか

 学部時代の友人氏とオタクドライブに行ってきました。特に行き先は決めていなかったのですが、まずは周山へ向かいます。周山街道沿いのラーメン屋で食事をとり、府民の森ひよしへ行くことに。


 府民の森ひよし内にある南丹市日吉町郷土資料館。この中に保存車があると聞いてやってきました。


            左からバケットローダー車(無番)、鉱車№141、ニチユ2t機関車(無番)
 この車両ですがこの地域で使用された車両ではなく、「知られざる鉄道 決定版」(JTBパブリッシング)によると山口県の鉱山から譲り受けた車両とのことですが詳細は不明です。軌間は508mmです。




  銘板によると機関車は昭和42年ニチユ製の製造番号3690003でした。


 「トロッコ車」という説明板がついている鉱車№141.3両のうちで唯一番号がありました。




 こちらのバケットローダー車の銘板には太空製500型の製造番号20963とありました。機関車ともども出自をたどるヒントとなるでしょうか。

アクセス:日吉駅から南丹市営バス日吉ダム線府民の森行きで「府民の森」下車すぐ。なお府民の森は往復便ともデマンド運行のため注意。詳しくは南丹市のHPを参照。府民の森まで行くのは1往復なので行きはバス、帰りはひよし温泉まで歩いてバスに乗車がよいかと思われます。


 府民の森の近くには道の駅スプリングひよしと日吉ダムがあります。ダムカード目当てで行ってみることに。


 日吉ダムの特徴としてダムの内部が見学できるようになっている点があげられます。日本初の施設なんだそうで。


 日吉ダム上流すぐにはもう1つダムがありました。世木ダムというダムでこちらは現在発電用として利用されているとのこと。こうしたダム巡りもしてみたいですがなかなか足が。
 今回の更新は以上です。

PS、ご一緒したH氏、S氏ありがとうございました。

スポンサーサイト



  1. 2018/06/30(土) 23:37:21|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月16日・京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館でトワイライト瑞風が展示されるとのことで行ってきました。なんやかんやで2回ほど京都駅で見たことがあるのですが、まだ撮影していなかったのでした。


                               キイテ87-1


                                キサイネ86-1
 トワイライト瑞風は10両編成ですが、4両に短縮されて回送、さらに2両ずつ分割されて展示されていました。京都鉄道博物館内で展示された10号車と9号車です。この連結面もなかなかお目にかかれません。


 先代のトワイライトエクスプレスを彷彿とさせる装飾が印象的。


 なおトワイライト瑞風の隣にはトワイライトエクスプレスのヘッドマークを掲げたEF81 113が展示されていました。新旧トワイライト並びはたしか初めてのはずです。


 4両編成のうち、分割された2両は梅小路蒸気機関車庫そばの側線にいました。左がキサイネ86-101、右がキイテ87-2です。


 おまけ。梅小路公園駐車場に止まっていたさやま交通・和泉200 か 1806.側面リフトつきの車両ですが稼働しているのは久しぶりに見た気が。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/06/27(水) 23:12:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月9日・えち鉄貸切

 えちぜん鉄道の貸切のお誘いを受けて福井へ行ってきました。
 サンダーバードに乗車し福井で下車、まずは福井口へ向かいます。


 福井口駅は数年前に訪問していますがすっかり駅舎が変わっていて驚き。未だに木造駅舎の印象が強いのですがその面影もありませんでした。
 まずは福井口に隣接する車庫の見学へ。


 車庫内には元119系のMC7000形と福井鉄道直通用のki-boがいましたが、規格が違う車両が同じ庫内にいるというのも面白い光景でした。


 福井口の車庫内には古めかしい台車がありましたがおそらく仮台車かと。元阪神車のものでしょうか…?


                   えちぜん鉄道ML522(手前)・ML521(後ろ)
 この車両も見たかった車両で主に除雪用として使用されている車両です。


 なおこの機関車、永久連結改造されているのが特徴。何やら連結部上におもりが乗っていますがこれは前後の排雪板とバランスをとるためでしょうか。


 車庫とは別棟におり、特別に見学させていただいた保線車№1(後ろに保線車№2と建築限界測定車がいました)。えちぜん鉄道の保線車の写真はあまり見たことがないような気がします。
 福井口の車庫の見学を終えて貸切列車に乗車します。


                   えちぜん鉄道・MC5001@永平寺口
 貸切ったのは京福から引き継いだMC5001.元々2両が製造された車両ですが1両は京福時代に事故で廃車。1形式1両の存在です。側面の窓配置がなかなか美しい。
 勝山に到着し、ここで時間があったのでこの車両を訪問します。


                               えちぜん鉄道ML6


                               えちぜん鉄道ト68
 勝山駅すぐそばで保存されている車両で、何年かぶりの訪問です。なお前回訪問時に勝山駅近くに保存されていたヨ6509が見当たらず、駅で聞いたところ勝山市街地に移転していました。今回は時間がなかったのでまた訪問せねば。


 えちぜん鉄道で私が見たかったのがこのMC7000形。前述した通り元119系でかなり改造されてえちぜん鉄道にやってきていますが、側面は119系時代のままで懐かしい限りです。また乗車したいもの。
 この後は福井駅に戻り解散しました。
 最後になりましたがえちぜん鉄道様には深く御礼を申し上げます。

PS、お誘いいただいたK氏ありがとうございました。これからお幸せに。

  1. 2018/06/21(木) 23:00:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月3日の撮影より

 6月3日のカトリック衣笠教会前(金閣寺出口)の撮影分です。


                         瀬戸内観光・岡山200 か 1416


                          ユーヨー・千葉200 か 2964


                    ドリームリゾート開発・成田200 か 1115
 この事業者は初見でしたが検索してもヒットせず。


            五輪ナンバーの西日本ジェイアールバス・647-18901(京都200 か 3333)


                    五輪ナンバーのきらり観光・成田230 あ 330
 あれ、きらり観光は習志野ナンバーだよなと思い検索したところ移転していました。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/06/17(日) 23:31:20|
  2. バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月27日・伊賀鉄道

 そうえいば伊賀鉄道もとい伊賀上野の方に久しく行ってないなと思い、ふらっと行ってきました。


                       伊賀鉄道203F@@上野市
 203Fは元々広告ラッピング車両でしたが、去年11月から東急時代の赤帯姿で運行されています。こう見ると東急伊賀線…に見えなくもありません。


 なお反対側はこんな感じでいかにも先頭車にしたという感じがしてとても良い。


 上野市駅といえばこれ。列車の乗り場案内ですが、これよく見ると近鉄の前面行き先表示機なんですねぇ。




 時間があったので西大手駅までぶらぶら歩きます。途中の街並みがなかなか素敵なものでした。下の3階建ての建築は旧上野文化センターで今は喫茶店とし使用されているとのこと(登録有形文化財でした)。またぶらぶらと歩いてみたいもの。
 伊賀鉄道の降りつぶしを進め、四十九駅へ向かいます。

  四十九は今年3月に開業した新しい駅ですが、この駅は四十九駅を名乗る駅としては2代目となっています。


 初代四十九駅は2代目四十九駅から南へ300メートルの地点にあり。戦時中に休止、1969年に廃止されています。わずかですが石垣が残っていますねぇ。
 上林で伊賀鉄道全駅下車を終えて近鉄で帰りました。

 今回の更新は以上です。

  1. 2018/06/13(水) 23:15:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏コミ(C94)当選しました

 お盆に開催される夏コミ(C94)ですが、私が主催するサークル、(同)ほの国交通が当選しましたのでお知らせします。なお場所は 3日目の8月12日(日曜)の東P1bです。
 
 頒布物はまた告知しますのでお待ちください。
  1. 2018/06/08(金) 23:55:51|
  2. イベント告知関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4~5月のバス撮影より

 画像をためていましたが、4~5月のカトリック衣笠教会前(金閣寺出口)の撮影分です。

〇4月14日


                         福山バス・倉敷230 あ 881


                         備北バス・岡山200 か 1547


                        長宏観光・千葉230 あ 73


                          友部観光・土浦200 か 1620
 初見の事業者でしたが真っ白な車体に梅?のワンポイントが特徴です。


                      虹仙観光自動車・成田230 あ 1358


                         EST観光・成田230 か 18
〇4月28日


                    ジュピターリムジン・足立200 か 3718


                        長宏観光・千葉230 い 73

〇5月19日


                          千博キャリーネット・和泉231 け 15 
 神姫バスのLIMON BUSかと思いましたがよくよく事業者とナンバーを見たら千博キャリーネットでした。


                            瀬戸内観光・大阪200 か 4486
 この事業者は以前岡山ナンバーを見たことがありますが大阪ナンバーもいるとは。
 

                       香取中央交通・千葉200 か 2856


                           WORLD CABIN・和泉200 く 111


                            ユーヨー・千葉200 か 3045


                         幸観光バス(長崎)・長崎200 か 1193
 九州の事業者は京都市内でもなかなかお目にかかれませんが、長崎ナンバーが上洛しているのは初めて見ました。


                        麗星観光産業・野田200 か 807

〇5月26日

                   美好観光バス(さいたま)・大宮200 か 2733


                      西平観光晃車・奈良230 あ 2003
 割と車両が大量に来たりあまり来なかったりと波がありますが、やはり見かけない事業者を毎度見かけるので飽きません。
 今回の更新は以上です。

  1. 2018/06/07(木) 22:56:07|
  2. バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月6日・若桜・恋山形・宮本武蔵

 GWの日記続きです。鳥取に宿泊し、翌日は早めにホテルを出て因美線に乗車。郡家で若桜鉄道に乗りかえて若桜へ向かいます。


                           ワフ35597@八東駅構内
 下車する時間がなかったので窓を開けて写真を撮影。たしかちょっと前に移設されてきた車両だと記憶しています。
 終点・若桜で下車。学部以来ですので5年ぶりでしょうか。

 若桜駅構内に留置されている左からスロフ12 3、オロ12 9、スロフ12 6.動態保存目的で運ばれたと記憶していますがその後あまり動きがないのが気がかりです。


  前回訪問直後に搬入された元鉄道総研のDD16 7


               イベントの一環?でピンク色に塗装されていC12 167


 車庫に中にいた長野電鉄ト6.体験運転で利用されているようです。


 車庫に中にいて窓越しに撮影したヨ8627.こちらも前回訪問後にやってきた車両です。


 若桜駅前には町営バスの乗り場兼車庫が。前回訪問時にはバスはいませんでしたが今回は2台確認できました。
 郵便局と道の駅に立ち寄りますがまだ時間があります。近くに若桜車庫というバスの終点があるのでそこまで街歩きがてら歩いてみることにしました。


 ぶらぶら寄り道し20分ほどで若桜車庫に到着。車庫というより操車場という感じですね。ここから鳥取駅前行きのバスに乗車。若桜鉄道とほぼ並行しているので行きは列車、帰りはバスという感じでもいいと思います。郡家の保存車を訪問し、上郡行きに乗車。智頭で少し停車したので久しぶりに駅前へ出てみます。


 駅近くに智頭町民すぎっ子バスの車両がとまっていました。何度か見たことがありますが駅の近くで停泊しているのですね。
 智頭急行線に入り、恋山形で下車。旧山形小学校そばの保存車を訪問します。

 旧山形小学校、2012年に閉校しているのですが校舎はとても立派なもの。入口に「登録有形文化財」のプレートがあり納得です。


 恋山形といえば日本に4つしかない恋のつく駅。駅がピンク色になっているのが特徴的で、観光客がちらほら来ていました。
 恋山形の次は宮本武蔵で下車します。徒歩でこんな場所へ向かいます。


 宮本武蔵駅から徒歩15分ほどの武蔵武道館そばにある美作共同バスの車庫です(許可を得て撮影)。美作共同バスは大原や林野、勝間田などで路線バスを運行する事業者ですが場所が場所だけになかなかお目にかかれず、ようやく撮影することができました。


                  美作共同バス・101(岡山200 か 992)(元横浜市営)
 数は少ないながら京王や横浜市営などの中古が在籍しています。こうした小さなローカルバスは独自色があって非常に興味深い。
 この後は普通列車で上郡、相生と乗り継ぎ、相生から安定の新快速で帰京しました。

 GWの更新は以上です。

  1. 2018/06/04(月) 22:59:39|
  2. 保存車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月5日・安来・倉吉・鳥取砂丘

 更新が遅々としていますが、GWの旅行続きです。米子に宿泊した私はバスで日ノ丸自動車(法勝寺電鉄線)の保存車を訪問。米子駅に戻り、安来へ向かいます。


                        安来市場運送・島根230 あ 1801
 和鋼博物館へ向かうため歩いていたところやってきた車両で初見の事業者でした。


 和鋼博物館の前に多数バスがとまっていたので寄り道。安来市広域生活バスです。数年前に米子駅前で初めて見ましたがここに車庫があるのですね。




 和鋼博物館のD51等を見学し安来駅に戻る途中の安来港におふねが係留されていました。アジア建設工業のおふねです。貨物船は詳細はよくわかりませんが撮影してて興味深いもの。
 安来から御来屋に寄り道し倉吉で下車。バスで倉吉線鉄道記念館に向かいます。時間がなかったので早々に折り返し。安来で列車の時間を間違えて1本遅らせてしまい、倉吉のバスも遅れていたのでタッチの差で乗車予定の特急に乗れず、1時間後のこれに乗車します。


 何気にスーパーはくとに乗車するのは初めてです。京都でよく見るのですが。これで鳥取まで乗車します。


 鳥取砂丘行きのバスまで時間があったので鳥取駅前でバスを観察。この日本交通の鳥取200 か 646、ループ麒麟獅子の車両ですがトップドアエアロミディに小さな行き先表示と変わった車両だなと思ったら元々は神戸のサブローバスの車両で、社内移籍したとの由。


 バス停で下車し、鳥取砂丘こどもの国のD51を見に行く途中こんなエモい建築を見つけました。調べると「砂丘パレス」という建物だったようで現在は倉庫?として使用されているようでした。こういう有名観光地の近くにある廃墟は大好きです。


 折角なので鳥取砂丘も訪問しておきました。端の方に行っただけなのでまた訪問したいと思います。

 GW3日目は前の記事で触れた通りひたすら保存車訪問でした。続きます。

  1. 2018/06/03(日) 21:37:22|
  2. バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR