FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

4月29日・福江・三井楽・富江

GWの旅行記続きです。博多ふ頭から野母商船のフェリー太古に乗船。翌朝起きると奈留島に接岸するところでした。定時に終点の福江港に到着。下船します。天気はあいにくの雨でした。

IMG_4817.jpg

                   乗船した野母商船のフェリー太古@福江港

IMG_4822.jpg

 福江港ターミナルはフェリーの窓口のほかお土産屋もある交通の結節点でした。バスまで1時間あるのでひとまずここで待ちます。

IMG_4826.jpg

               五島バス(五島自動車)・長崎22 か 2552@福江港付近

 福江島で主にバス路線を運行するのは長崎バスグループの五島バスこと五島自動車です。なお全域をカバーしているわけではなく、撤退した地域もありそれらでは乗合タクシーやデマンドタクシーが運行されています。

 福江から三井楽行きの三井楽線に乗車。トップドアの貸切兼用車両で快適です(リクライニングも北野には驚きました)

IMG_4855.jpg

 シティモールを過ぎるとこんなバス停が。「臨時停留所」というそのままなバス停名です。公式HPでは「臨停」で、他の路線にも複数あったのがよくわかりません。

IMG_4860.jpg

 こういうローカル路線バスの楽しみは景色をぼけっと眺めることにありますが、トンネルに入るとどこかテンションがあがるのは私だけでしょうか。1時間近く揺られると終点・三井楽に到着しました。

IMG_4861.jpg

三井楽には五島バス三井楽駐在所があり、バスが数台止まっていました。待合室はありましたが窓口は閉鎖されていました。さて、ここでさらにローカルバスに乗り換えますが、ここからは発着していません。

IMG_4871.jpg

三井楽駐在所から北へ100メートルほどにある三井楽タクシーこと三井楽自動車。ここから三井楽半島バスが発着しています。どこから乗ればいいのだろうと思って行ったら、中からおばちゃんが出てきて左の車両がそうだからドアを開けて乗っててねと言われたのはまぁローカルバスらしいな、と。

IMG_4874.jpg

          三井楽タクシー(三井楽自動車)・長崎300 あ 215@三井楽タクシー本社

バスを名乗っているものの、実態は乗合タクシーといったところです。

IMG_4884.jpg

 この日は天気があまりよくなく、車窓の眺めがよくなかったのが残念ですが無人島の姫島が見えました。調べるとかつては有人島だったとのこと。途中から数人乗車してスーパーなどで下車していきました。私はぐるっと1周して三井楽タクシーまで戻ってきます。

 三井楽で時間があったので雨が降りしきる中スーパーへ向かい昼飯を購入。後で食べればいいかと思い福江行きのバスまで時間をつぶし乗り込んだバスで岐宿支所前で下車しますが…。

IMG_4894.jpg

岐宿地区乗合タクシー(デマンド、水曜のみ)のバス停がないかと思い下車しましたが周辺には見当たらず、待合所もないので近くの農協の軒先で1時間立ってバスを待っていました。雨風が強いのに適当に下車したことに後悔。気を取り直し、一旦福江港ターミナルに戻り、ここでようやく食事。

さて、次は南の富江行きのバスに乗車します。

IMG_4914.jpg

富江終点には五島バス富江駐在所があり、バスが何台か待機していましたがここも三井楽同様営業所としての機能はなく窓口は閉鎖されていました。また富江地区も五島バスは一部路線から撤退しており、代わりの乗合タクシーが運行されています。

IMG_4920.jpg

           富江地区乗合タクシーを運行する五島観光タクシーの長崎300 あ 514

IMG_4921.jpg

五島バス富江バス停には何も富江地区乗合タクシーの時刻表や乗り場がなく、聞いたところ南へ徒歩120メートルほどのこの建物から出ているとのことでした。ここから発着しているのは少し分かりづらいかな…という印象を受けました(中の写真は許可を得て撮影)。

IMG_4927.jpg

 ちょうど富江にいた五島バス(五島自動車)の長崎200 か 1257.前面運賃窓は埋めていますが神奈川中央交通から移籍した車両です。富江から福江に戻りますが、途中大正橋で下車します。

IMG_4967.jpg

 五島バス大正橋~寺山間にある木場営業所。多くの車両が集まる運行上の中心地です。よく見ると路線バス車両と貸切バス車両で塗装が異なるのが分かります。

 この日は雨の中バスを待って福江市街地へ戻り持参した折り畳み傘が壊れたので新しいものを購入し、ホテルへ入りました。

 続きます。

スポンサーサイト



  1. 2019/05/29(水) 23:47:37|
  2. バス
  3. | コメント:0

ComiCon京都in勧業館84頒布物お知らせ

6月2日(日)にみやこめっせこと京都市勧業館B1Fで開催されるComiCon京都in勧業館84ですが、幣サークル「(同)ほの国交通」の頒布物が決まりましたのでお知らせします。

○南海・泉北・阪堺保存車大全(500円)

南海1  南海2

○離島バス・ガイド№4 隠岐諸島(島前・島後)(500円)

隠岐諸島サンプル1隠岐諸島サンプル2

○離島バス・ガイド№3 百島・大崎上島・中島(500円)

百島・大崎上島・中島1

○離島バス・ガイド№4.5 本島・さぬき広島・女木島(100円)(コピー本)

本島・さぬき広島・女木島1

○離島バス概論(100円)(コピー本)

離島バス概論表紙1

○阪急・阪神保存車大全(500円)

○県庁スタンプ本 西日本編(500円)(委託)

○原発スタンプ集 完全版(1000円)(委託)

頒布物は以上です。初めての出展ですが、よろしくお願いします(なんとか出展代は回収したいな…)。

  1. 2019/05/27(月) 00:04:29|
  2. イベント告知関連
  3. | コメント:0

4月28日・田川市石炭・歴史博物館ほか

GWの旅行記続きです。

小倉のカプセルホテルを出庫し、門司港へ。前の記事でふれた通り九州鉄道記念館を訪問します。早く見学が終わったので少し早い列車で小倉へ戻り日田彦山線に乗車。田川伊田で下車します。

IMG_4524.jpg

 田川伊田駅裏手にある田川市石炭・歴史博物館。2本の煙突や写真の竪坑櫓(登録有形文化財)が保存されていますが、館内にも多くの車両が保存されています。

IMG_4535.jpg

 田川市石炭・歴史博物館で保存されている門デフの59684.ナンバープレートが上に寄っているのが特徴的です。

IMG_4536.jpg

 こちらは国鉄…ではなく三井三池炭鉱の専用線で使用された石炭車のセ1208です。

IMG_4548.jpg

 田川市石炭・歴史博物館の館内には多くの鉱山機械が保存されていますが、三井三池などで使用された機関車も多く保存されています。こちらは三井三池炭鉱で使用された架空線式EL

IMG_4552.jpg

 こちらは三井三池炭鉱で使用された電気機関車。バテロコかと思っていましたが、リール式という珍しいもので機関車本体にケーブルリール用のドラムを取り付けた車両で要するにコード付きの電気機関車です。鉱山の保存車はちょこちょこと巡っていますが、リール式の車両は初めて見ました。

IMG_4559.jpg

 こちらも珍しいエアーロコの保存車です。車体裾にはALA22という番号があり説明板には三井建設寄贈とありました。いずれにせよ三井系列の鉱山で使用されたことは間違いないようです。

IMG_4566.jpg

 こちらも三井三池炭鉱で使用された斜坑用人車(左)や水平人車(右)。一番左の救急車はどこで使用されたかは説明板にはありませんでした。

IMG_4578.jpg

 初めて見た車両ですが、終点車というものでロープを張る車両とのこと。一応鉄道車両で扱っていいのでしょうかね…?

IMG_4595.jpg

 車両の他にもこういった設備類が保存されているのはうれしいところです。佐渡でターンテーブルを見たことがありますが、案外こういった車両以外の保存例は少ないイメージが。

IMG_4587.jpg

1の番号がついた好ましい凸型機関車。大半を占める三井三池ではなく、三井山野炭鉱で使用された車両です。

IMG_4591.jpg

 こちらは古川鉱業大峯炭鉱で使用されたDL。番号は見当たりませんでした。

IMG_4603.jpg

 これがよく分からなかった車両で、説明板には「台車」とのみ。なにやら柵っぽいものがありますので立てて使用するのでしょうか?田川市石炭・歴史博物館、この他にも炭車など多くの車両が保存されています。かなり濃い場所でした。

アクセス:田川伊田駅から徒歩7分

IMG_4611.jpg

 田川伊田駅構内の端っこにこんな古い駅名標がありました。伊田駅は1982年に田川伊田に改称されていますので国鉄時代のものがそのまま残っているのでしょうか。

 田川伊田から直方方面へ移動し、直方市石炭記念館を訪問。石炭記念館からこんなものが見えました。

IMG_4681.jpg

 転車台を転用した跨線橋が。多賀第3跨線人道橋というそうで転車台を転用した跨線橋はかなり珍しいのではないでしょうか。

IMG_4688.jpg

 直方駅に向かう途中で見かけたワム80000のダルマさん。遠くで確認で番号は確認できませんでした。直方から保存車を訪問ししつ折尾経由で博多へ向かいます。

IMG_4749.jpg

 すっかり変わった折尾駅前で撮影した北九州市営バス。こういう地(行き先)域な表示は好みなもの。しかし折尾駅がすっかり変貌を遂げており浦島太郎のような気分でした。折尾から博多へ向かいます。

IMG_4776.jpg

 博多から西鉄バスに乗車し、博多ふ頭で下車。今夜のお宿は野母商船のフェリー太古です。これで五島列島へ向かいます。

 今回の更新は以上です。


  1. 2019/05/26(日) 23:38:48|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

4月27日・光・防府・厚狭・小倉

公私共々忙しく、更新が遅々としていますがGWの旅行記です。広島で夜行バスを下車。保存車訪問を兼ねて在来線経由でこの日は小倉へ向かいます。

IMG_4081.jpg

 光駅前で見かけた聖光高校特定バス。緑ナンバーの山口200 あ 165を名乗っていますが車体には社名表示がなく検索しても出て来ません。地元の防長交通だと思いますが…?

IMG_4094.jpg

    西日本バスネットサービス・334-5952(山口200 か 292)@中国ジェイアールバス周防営業所

IMG_4097.jpg

            西日本バスネットサービス・334-6955(山口22 う 3193)

 光市内に路線バスを持つ中国ジェイアールバス系列の西日本バスネットサービス。おそらくJRバスで最も影が薄い事業者でこれまで見たことがありませんでした。334-5952(山口200 か 292)は中国ジェイアールバス島根からやってきた車両とのこと。

IMG_4103.jpg

 まぁ運行するバスが1日3往復だけなので仕方がないか。車両数は2台のみで最も小さいバス事業者の1つではないでしょうか。

IMG_4105.jpg

             中国ジェイアールバス・534-6952(山口200 か 297)@光駅前

 こちらは光駅から発着する光線の路線バスを運行する中国ジェイアールバスです。

 光の次は下松で下車。下工弁慶号を見に行く途中で数台バスを撮影。

IMG_4114.jpg

              防長バス(防長交通)・山口200 か 1189@下松駅北口

塗装からもわかる通り、近鉄バスから移籍した車両です。

IMG_4130.jpg

                   防長バス(防長交通)・山口200 か 986

この車両も近鉄からの移籍かと思って後で調べると、明光バスから移籍した車両との由。明光バスの移籍車というのは初めて聞きました。

IMG_4173.jpg

 下松の次は防府で下車し、防石鉄道の保存車を訪問。ちょうど防府駅北口にいた防長バス(防長交通)・山口22 う 3284.トップドアが素敵です。

IMG_4185.jpg

 厚狭駅北口で見かけた船鉄バスこと船木鉄道の山口230 あ 2001.船木鉄道は社名からわかる通りかつては鉄道路線も保有していた事業者(廃止済み)ですが、どうも影が薄くTwitterなどでもなかなか見かけないイメージです(私も初めて見ました)。

 厚狭から降りつぶしで各駅に下車。新下関で下車し新幹線ホームも行ったから在来線ホームへ戻りますが、こんなものが。

IMG_4236.jpg

 新下関駅構内に設置されていた歩く歩道。新幹線駅では初めて設置されたものなんだそうで。たしかにかなりの距離があったので納得です。

IMG_4244.jpg

                    サンデン交通・下関230 あ 5131

 下関で時間があったのでサンデン交通を久しぶりに撮影。都営や神奈川中央交通からの移籍車など撮ってて飽きませんでした。

 適当に切り上げて小倉ヘ。ちょうど夕食時間ですが、何も考えずに北九州モノレールに乗車。旦過で下車します。

IMG_4315.jpg


IMG_4322.jpg

 旦過駅そばには旦過市場があり、これがなかなか味があるものでした。川の上に商店があるというなかなかすごいつくりです。しかし検索すると再開発計画があるようでこれもいつまで見ることができるのでしょうか。

 この日は小倉駅近くのカプセルホテルに泊まりました。

 続きます。


  1. 2019/05/23(木) 23:46:00|
  2. バス
  3. | コメント:0

ComiCon京都in勧業館84に出展します

私の主催する同人サークルの「(同)ほの国交通」ですが、6月2日(日曜)に開催されるComiCon京都in勧業館84に出展しますのでお知らせします。サークルスペースは「B-06」です。

なお会場はみやこめっせこと京都市勧業館のB1Fです。頒布物はまた決まりましたらお知らせします。

  1. 2019/05/20(月) 23:42:33|
  2. イベント告知関連
  3. | コメント:0

GWの保存車訪問からその3

GWの保存車訪問続きです。少し日が飛びます。

○5月2日

IMG_5516.jpg

        D51 1142@佐世保市交通公園(中佐世保駅・佐世保中央駅から徒歩12分)

 交通公園内で保存されている車両で、状態は良好。なお開園時間が9時~16時半でさらに休園日があるので、訪問時には事前によく確認を。

IMG_5542.jpg

             29611@おおまち情報プラザ(佐世保線大町駅下車すぐ)

 佐世保線大町駅ホームからも見える車両で屋根がありますが、整備されていないのかお疲れ気味な状態です。

IMG_5565.jpg

          C11 259@武雄東児童遊園地(武雄温泉駅南口から徒歩5分)

○5月4日

IMG_5988.jpg

        D51 206@佐賀市役所前(佐賀駅南口・佐賀駅バスセンターから徒歩5分)

 佐賀で泊ったお宿の近くの佐賀市役所前で保存されている車両です。最近整備されたのでしょうか、黒光りした美しい状態です。

IMG_6022.jpg

                 230形268@鳥栖駅東方(鳥栖駅から徒歩5分)

 この車両は学部時代に乗換ついでに訪問しようとしたら時間がなく訪問し損ねていた車両です。京都鉄道博物館の233と同形式で、こちらは鳥栖市重要文化財に指定されています。

IMG_6081.jpg

                    ED76 91@日田天領水の里 元氣の駅

IMG_6110.jpg

 日田市の日田天領水の里 元氣の駅で保存されている車両ですが、下館のヒロサワシティよろしく機関車の内部の機器類は全て撤去されがらんどうな状態となっています。

 

IMG_6085.jpg

                    オロネ14 3005@日田天領水の里 元氣の駅

IMG_6089.jpg

                  スハネフ14 5@日田天領水の里 元氣の駅

 機関車の後ろには14系客車が2両保存されていますが、機関車共々車内に入ることもできました。


アクセス:日田駅からレンタサイクルが便利。所要時間は20分ほど。

IMG_6159.jpg

                    29612@旧豊後森機関区

時間がなかったので車内より撮影。移設前はかなり荒廃した車両でしたが、きれいに整備されています。

IMG_6198.jpg

            C55 46(表記はC55 53)@若草公園(大分駅北口から徒歩5分)

 大分で乗り換え時間があったので、まだ未訪問だったこの車両を訪問。表記は53号機ですが実際は46号機なんだそうで…。

 続きます。


  1. 2019/05/20(月) 23:23:44|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

GWの保存車訪問からその2

 GWの保存車訪問続きです。

○4月28日

IMG_4388.jpg
                 西鉄(北九州線)148@門司港駐車場(門司港駅から徒歩10分)
 この車両は学部時代に訪問していますが、改めて再訪問。補修工事が行われていました。元々は北九州市交通科学館で保存されており、2010年に移転した車両です。

IMG_4424.jpg
                   スハネフ14 11@九州鉄道記念館
 九州鉄道記念館も学部時代(といっても7年前)に訪問していますが、この車両が追加されてからは初の訪問です。
九州鉄道記念館は展示車両が多いので、個人的に興味深いをもう2両紹介。

IMG_4428.jpg
 スハネフ14 11の所蔵追加に伴いセラ1239が奥の方に追いやられていました。うーんこの。

IMG_4450.jpg
                 811系クハ810-2@九州鉄道記念館
 この車両はシミュレーターとして使用されているクハ810-2で、2002年に発生した衝突事故で廃車された実物を利用したものとなっています。

IMG_4620.jpg
                  ひたちなか海浜鉄道キハ2004@金田駅構内
 この車両は2016年に那珂湊から搬出され金田駅構内に運ばれたものですが、車籍はありません。

IMG_4634.jpg
      鯰田炭鉱・B形電気機関車(無番)@直方市石炭記念館(直方駅・南直方御殿口駅から徒歩13分)
 筑豊界隈にはかつて多くの炭鉱があり、閉山後も何か所か記念館・博物館が建設されていますが、その中の1つ直方市石炭記念館で保存されている車両の1つです。こういう凸型機関車はなかなか好みなもの。

IMG_4637.jpg
                        三井田川炭鉱・炭車2両
 説明板では「田川・平山・赤池・鯰田・高松各炭鉱で使用された」とありましたが、鉄道友の会の保存車・廃車体一覧5 によると田川炭鉱(三井田川炭鉱)で使用された車両とのこと。

IMG_4639.jpg
                     上三緒炭鉱・芳雄炭鉱エアーロコ
 鉱山の保存車巡りもちょこちょこと行っていますが、エアーロコの保存車はかなり珍しく、そもそも保存例が直方と田川くらいでしょうか?

IMG_4640.jpg
 こちらは貝島大之浦炭鉱で使用された坑内DL

IMG_4642.jpg
 直方市石炭記念館には炭鉱の救護訓練坑道も保存されており、上記の坑内DLにの後ろにいたバテロコと鉱車。バテロコの方は貝島大之浦炭鉱で使用されたリール式ELです(鉄道友の会保存車・廃車体一覧5より)
 
IMG_4662.jpg
                     C11 131@直方市石炭記念館

IMG_4679.jpg
                        貝島炭鉱・32
 この2両のSLは最近汽車倶楽部によって整備されており、32号機はライトが点灯していました。

IMG_4666.jpg
                         国鉄セム1

IMG_4671.jpg
                         貝島炭鉱・ロト22
 同じ石炭車ながらよく見ると形態が大きく異なるのが興味深い。

IMG_4658.jpg
 雑然と置かれたこの車両は貝島大之浦炭鉱で使用された人車7両です。

IMG_4660.jpg
 この車両は説明書きがありませんでしたが、貝島大之浦炭鉱で使用された車両でしょうか?(番号は7622)。そういえば下山田炭鉱で使用されたという緩急車は見かけませんでした。
 なおこの日は田川市石炭・歴史博物館も訪問していましたが、かなり濃かったので別記事で。

 続きます。
  1. 2019/05/18(土) 23:52:09|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

GWの保存車訪問からその1

 GWに久しぶりに遠出してきました。今回は10連休(を有給使って無理やり生成)なので九州、そして五島列島へ。

○4月27日
 1日目は広島から小倉へ。道中訪問した保存車を。山口県内の保存車があまり訪問していなかったのでローラー作戦へ。

IMG_4059.jpg
                  C50 125@柳井駅南公園(柳井駅から徒歩7分)
柳井は学部時代に下車したことがありますが、訪問し忘れていました。現存する数少ないC50です。

IMG_4084.jpg
                ロンドンバス・WSY353@光市内
光駅で下車し、中国ジェイアールバス周防営業所を訪問する途中に発見。この手のバスの保存車は唐突に現れたりするので油断なりません。

IMG_4118 - コピー
        徳山海軍練炭製造所→下松工業高校「下工弁慶号」@下松市役所(下松駅から徒歩13分)
ガラス張りケース内で展示されており、写真撮影がしずらいですが、珍しいサドルタンクの機関車で動態保存されていたこともありますが、現在はこのように大切に保存されています。

IMG_4155 - コピー
              防石鉄道2号機関車@防府市鉄道記念広場(防府駅から徒歩5分)

IMG_4157.jpg
                     防石鉄道ハ6@防府市鉄道記念広場

IMG_4163.jpg
                     防石鉄道ハニフ1@防府市鉄道記念広場
 防石鉄道は1964年に廃止された鉄道事業者で、鉄道事業撤退後はバス事業者となっていましたが1992年に防長交通に吸収され消滅しています。2号機関車は川越鉄道からやってきた車両で鉄道院10形と同形式。
 ハ6とハニフ1が木造客車にしては妙にきれいなのが目につきますが、これは車体を新製しているため。なるほどそういう保存形式もあるのだな…と。
 余談ですが防府は学部時代に一度下車していますが訪問を忘れていました。そういう落穂拾いの保存車巡りが多々、あります。

IMG_4190 - コピー
                 D51 300@殿町児童公園(厚狭駅北口から徒歩15分)
 この車両は数年前に修復された車両で、黒光りする良好な状態となっています。

IMG_4188.jpg
 デフレクターには厚狭機関区標準整備車のワシ?のエンブレムが掲げられていました。
 山口県はまだ未訪問の保存車がちらほらいるので何かのついでに再度回りたいところです。

 続きます。
   



  1. 2019/05/14(火) 23:29:34|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

5月6日の撮影より

 順番が前後しますが、5月6日のカトリック衣笠教会前(金閣寺出口)の撮影分です。

ひばり観光・野田200 か 697
                    ひばり観光・野田200 か 697

IMG_6377.jpg
                    京都交通・854(京都200 か 3257)
京都交通の貸切バス車両はたまーに見かけますが、金閣寺付近で見かけたのは初めてです。

IMG_6381.jpg
                     CYSB・成田230 あ 3888

IMG_6385.jpg
                   WORLD LINE・成田200 か 1622
いかにも怪しいバスという感じですが、調べると深谷観光バスからきらり観光を経てやってきた車両とのこと。

IMG_6391 - コピー
           スカイホップバス京都用の明星観光バス・HC-2(京都200 か 3702)
こちらはついでに撮影したスカイホップバス京都の車両で、天窓付きの車両となっており日の丸自動車興業から移籍した車両です。

IMG_6392 - コピー
                    五輪ナンバーの良運観光・成田230 あ 9777
初めてのFC2ブログでの更新で手間がかかりましたが、今回の更新は以上です。


  1. 2019/05/13(月) 23:02:29|
  2. バス
  3. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (130)
保存車 (254)
バス (156)
イベント告知関連 (66)
バスの終点の風景 (7)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR