FC2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

7月19日・加島

梅田(大阪駅JR高速バスターミナル)から出ている阪急バス加島線と加島出張所が廃止になるとのことで最終日にふらっと行ってきました。
IMG_5077.jpg
大阪駅JR高速バスのりばはJRバスや明光バスなど各種高速バスが発着していますが、大阪シティバスと阪急バスが加島駅前までの路線を運行しています。
IMG_5091.jpg
ヨドバシ梅田で時間をつぶし、加島駅前行きの18系統加島線に乗車。最終日とあってかカメラを構えた人をちらほら見かけました。
IMG_5089.jpg
加島線廃止を記念してか専用のよだれかけが用意されていました。なお最終便は別のものが用意された様子。
IMG_5120.jpg
加島駅近くの阪急バス加島出張所にやってきました。加島は来たことがありますが、駅から近い場所にあるとは知らなかった。
IMG_5104_20200730212226a27.jpg
加島出張所にもこのような横断幕が。かなり気合が入っていることが伺えます。帰りは大阪シティバスで梅田に戻り、軽くバスを撮影。
IMG_5170.jpg
先日開業した大阪バス御堂筋線に使用されている大阪バス・20S58-027(大阪230 う 27)
IMG_5161.jpg
宇和島バスにも令和顔エースが入っていました(愛媛200 か 5651)。側面の旗を模した社章がかっこいいですね。
今回の更新は以上です。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/30(木) 21:52:54|
  2. バス
  3. | コメント:0

バスの終点の風景12・北軽井沢(群馬県長野原町)

IMG_4601_20200719211106cdc.jpg
 北軽井沢は群馬県長野原町にある草軽交通のバス停で、長野原線や北軽線が終点としています。待機所と観光案内所が設けられており、訪問時にはちょうどリエッセが発車していくところでした。近くには草軽交通の前身である草軽電気鉄道の北軽井沢駅舎が残っています。
 周囲は観光客向けの商店や別荘が散在しており、リゾート地の交通の一拠点という印象を受けました(2020年6月14日訪問)。
  1. 2020/07/19(日) 21:28:59|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

7月12日・日野・大津自動運転バス

日野駅に新しく保存車が設置されたので行ってきました。
IMG_4977.jpg
日野駅そばに新しく設置された近江鉄道のタッグローダー。貨車を移動させる車両移動機の1つです。
IMG_4983.jpg
こちらは富山県の中善工業製となっており、銘板もつけられています。
IMG_4985.jpg
どうやら国鉄からやってきた1.8tタッグローダーのようで。長らく日野駅構内に放置されていましたが日野駅改修に合わせて修復されて展示されています。
IMG_4991.jpg
日野駅に隣接して鉄道ミュージアムが整備されましたがそこのトイレがなかなか凝っていました。塗装と裾角のカットからしてモチーフは赤電復刻塗装の822Fでしょうか。
IMG_4997.jpg
日野駅にはかつて運行されていたレールバスの給油機と車庫が残されています。
IMG_4999.jpg
さて、レールバスの車庫の傍らに謎の車両が草に埋もれていました。車輪がついていたので保線車の1つだと思いますが。検索するとGEMCOと書いてあるようですが一体…?
IMG_5018.jpg
ついで大津へ移動しますが三雲でバスが見えたので下車。ビジネスサービス滋賀の車庫を見つけました。主に企業輸送がメインの様子。
IMG_5052.jpg
ちょうど12日からJR大津駅〜びわ湖大津プリンスホテル間で実証実験が始まった自動運転バスに乗車。車両は貸出?のようですが京阪バスの社番(N-9003)と緑ナンバー(滋賀200 か 1350)も取得しています。
IMG_5045.jpg
せっかくなので乗車してみました。運賃は210円ですが現金かクレジットカード、PAYPAYなどスマホで支払い可能な一方ICカードは不可なのが興味深い。こちらは車内後部にあったモニターです。
IMG_5048.jpg
大津駅前のバス乗り場にはちゃんと自動運転バスの表示が用意があり、気合が入っているのが伺えます。公共交通の救世主となりうるのでしょうか。
今回の更新は以上です。
  1. 2020/07/16(木) 22:49:30|
  2. 日記
  3. | コメント:0

バスの終点の風景11・市原(京都市左京区)

IMG_3176.jpg
市原は京都市左京区にある京都バスの終点の1つです。35系統、50系統が終点としていますが鞍馬温泉や静原・城山行きのバスも停車し、乗務員の休憩場や待合所、折り返し場所が設けられています。
なお市原は叡電にも同名の駅がありますが、そちらは市原バス停から徒歩5分ほど離れています。こういう同名のバス停・駅名でも場所が異なる場所にあるのは興味深いもの(2020年4月19日訪問)。
  1. 2020/07/12(日) 21:38:04|
  2. バスの終点の風景
  3. | コメント:0

6月14日・北関東保存車めぐりその4

6月の北関東保存車めぐり続きです。
IMG_4579.jpg
かつて長野原草津口から出ていた国鉄長野原線(廃止時吾妻線)の太子支線の終点の太子駅。最近になって駅舎が復元されレールも敷設されています。
IMG_4535_20200705172015cf4.jpg
太子駅はここ数年で何両か車両がやってきています。こちらは大井川鐵道(井川線)のCワフ2
IMG_4532.jpg
              Cワフ2に連結されている大井川鐡道(井川線)のCワフ3
IMG_4539.jpg
京都市の大宮交通公園からやってきたヨ6720.再整備に伴い去就が気になっていましたがここにやってくるとは。
IMG_4546.jpg
那珂湊からやってきたひたちなか海浜鉄道トラ15.現役時代はサビが浮き出ていましたが綺麗に整備されていますね。
IMG_4530_20200705172015b1c.jpg
こちらは滋賀運送からやってきたアント。この車両のみシートがかけられていました。
IMG_4543.jpg
       新疋田にいた時を撮影していた大井川鐵道ト111(表記ト27409)
IMG_4558.jpg
こちらは最近大牟田の三井化学専用線からやってきた高田機工2.6tモーターカー。保線車としても現存最古の部類なんだとか。よく見るとライトの片側がないですね…。
IMG_4549.jpg
           こちらも三井化学専用線からやってきた無蓋車のハト152
IMG_4554.jpg
こちらも三井化学専用線の無蓋車ハト37.なおこちらは反対側が破損していますがそのままでした。手を差し伸べられることの少ないモーターカーや無蓋車まで保存されたのはうれしい限りです。
IMG_4574.jpg
どでーんと置かれていたこちらは日本鋼管群馬鉄山で使用されていた索道バケツです。
アクセス:長野原草津口駅から中之条町営バス六合地区路線バス花敷温泉行き(5/1〜10/20は野反湖行き)で「旧太子駅」下車すぐ
IMG_4584.jpg
さて、ついで北軽井沢駅へやってきました。なお北「軽井沢」とついていますがここは長野県ではなく群馬県長野原町。この旧北軽井沢駅舎は国の登録有形文化財に指定されています。
IMG_4589.jpg
草軽電気鉄道といえば特徴的なカブトムシ機関車(通称)が有名で軽井沢に1両保存されていますが。こちらは北軽井沢駅に置かれている珍しい木製のレプリカのデキ13.
IMG_4590.jpg
北軽井沢駅には実物車両も置かれています。ホージュン妙義坑からやってきた鉱山車両4両。左から機関車3、木製鉱車2両、ニチユ0.6tBLです。
アクセス:長野原草津口駅から草軽交通長野原線北軽井沢行きor軽井沢駅(北口)から草軽交通北軽線北軽井沢、急行線草津温泉行きで「北軽井沢」下車すぐ
IMG_4604.jpg
嬬恋村の紀州鉄道軽井沢ホテルで保存(利用)されている10系客車3両。オロネ10 88、オロネ10 90、オロネ10 91なのですが番号が塗りつぶされておりどれがどれか分かりません。
アクセス:先ほどの北軽井沢からは徒歩40分、軽井沢駅(北口)から西武観光バス浅間白根火山線草津温泉・万座バスターミナル行きで「すずらん坂」下車徒歩20分
IMG_4626.jpg
上信越自動車道横川SA上り線に設置されているキハ58 624(表記はキハ57 26)。モデルは碓氷峠などで使用されたキハ57ですがキハ58 624はJR九州で廃車になった車両で前面のみ利用され客室はモックアップとなっています。
IMG_4637_20200705172411979.jpg
こちらは高崎市内のリサイクル工場に置かれている12系客車。敷地右側に置かれているのはオハ12 33
IMG_4641.jpg
敷地左側にはオハ12 196が置かれていました。
アクセス:高崎駅西口からぐるりんバス高経大線六郷先回りで「上小塙市営住宅前」下車徒歩5分。烏子稲荷神社の近くです。
IMG_4643_20200705172430774.jpg
            敷地内には番号不明のワムのダルマさんがいました。
IMG_4653.jpg
こちらは夢はこびドライフラワーショップというお花屋さんで使用されている東武5070系の中間車。同じく高崎市内で保存されているクハ5183、クハ5683の編成の中間車だと思いますが番号は不明です。
IMG_4648.jpg
正面からだと1両にしか見えませんがもう1両車両がいるのが分かります。
アクセス:高崎駅西口からぐるりんバス少林山線乗附・少林山コースで「乗附緑地公園前」下車徒歩20分。同じコースに「太平団地西」というバス停もありこちらは徒歩すぐですが一部しか経由しません。
この後は東松山で解散。私は東上線、山手線と乗り継ぎ新幹線で帰洛しました。今回の更新は以上です。
PS:お誘いいただいたS様、M様ありがとうございました。




  1. 2020/07/09(木) 23:59:00|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

6月14日・北関東保存車めぐりその3

6月13・14日の北関東保存車めぐり続きです。
IMG_4411.jpg
 前橋市の清華幼稚園で保存されている東武モハ3505。状態はそこそこです。
アクセス:前橋駅から永井バス(永井運輸)東57系統東大室線東大室行きで「東大室」下車徒歩5分
IMG_4405_2020070517060769c.jpg
近くの広場にこんなバスの廃車体が。日野RVのようですがどこで使用されたのでしょうか。
IMG_4429.jpg
前面ナンバープレートの位置の高さが特徴的な前橋こども公園のD51 916.現役時代からこの姿だったようです(城東駅から徒歩5分)。
IMG_4418.jpg
こちらは前橋こども公園近くの駐車場で保存されているEF60 86のカットボディ。つい最近塗装されたのかピカピカで足場も残っていました。
IMG_4437_202007051811427c8.jpg
数年前に真岡から赤城山麓に移転してきた京急デハ1052@漢方薬草太陽殿(前橋駅から関越交通北10系統赤城山線赤城山ビジターセンター行きで「龍の口」下車すぐ)
IMG_4453.jpg
こちらは最近新村車庫から移転してきた東急デハ5048・デハ5055(松本電気鉄道モハ5005・クハ5006)@富士見総合グラウンド入口。
IMG_4460.jpg
こちらは東急で廃車後に東急車両製造で使用されたデハ3499.保存会も存在し修復作業が行われています。
アクセス:前橋駅から関越交通北12系統赤城山線国立赤城青少年交流の家行きで「総合グランド前」下車すぐ。先ほどの龍の口からは徒歩10分ほどです。
IMG_4468.jpg
この手の保存車はどうも群れる習性があるようで(?)、京急の保存場所からほど近い場所に置かれているわたらせ渓谷鐵道わ89-312「あかがねⅡ」。神社を立てる云々で譲渡されたと記憶していますが訪問時には特に工事は行われていませんでした。
IMG_4482.jpg
こちらは渋川市の赤城山麓の資材置場?に置かれている日本通運渋川の№135。近くの橋より撮影。アクセス:渋川駅から渋川市コミュニティバス渋川駅~南柏木線南柏木行きで「栄分校前」徒歩10分
IMG_4493.jpg
沼田市の丸山製作所で保存されているデンカセメント新発田サービスステーションの加藤8tDL
アクセス:沼田駅から関越交通124系統沼須線利根中央病院行きで「でんしゃ道」下車すぐ(土日祝運休)
IMG_4501.jpg
DLのすぐ前にあるバス停が「でんしゃ道」で変わった名前だなと思いましたが調べるとここは利根軌道という鉄道が走っており、それに由来するとの由。
IMG_4506.jpg
          わたらせ渓谷鐵道わ89-203「あづま」@リサイクルショップてんぐ
IMG_4510.jpg
            わたらせ渓谷鐵道わ01-855@リサイクルショップてんぐ
 真っ赤になって表記も塗りつぶされていますが、月夜野で保存されているわたらせ渓谷鐵道で使用された車両です。元々はパチンコ店だったようですがリサイクルショップとなっていました。
アクセス:バスなどはないため上毛高原駅もしくは後閑駅からタクシー
 続きます。
  1. 2020/07/05(日) 19:01:53|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

6月13日・北関東保存車めぐりその2

6月13日の北関東保存車めぐり続きです。
IMG_4273.jpg
那珂川清流鉄道保存会から峠の茶屋一休に移設された千葉都市モノレール1014。国道沿いにありますがなかなかインパクト抜群です。
IMG_4286.jpg
こちらもなかなかやってきた小川工業酒井4tGLと運材台車2両。運材台車には53、54という数字がありましたが木曽森林鉄道で使用されたものでしょうか?
アクセス:近くまで行く公共交通機関はなし。一応バスは西那須野駅東口or氏家駅前から関東自動車馬頭車庫行で「三枚畑」で下車、徒歩6キロ。
IMG_4294.jpg
那珂川清流鉄道保存会から少し離れた馬頭運送?の敷地内に木曽森林鉄道の76がいました。
IMG_4292.jpg
こちらは関西電力の加藤3tDL。他にも木曽森林鉄道?の運材台車などが置かれていました。場所は 36.726838, 140.151896 です(烏山駅から那珂川町コミュニティバス馬頭烏山線山村交流センター行きで「上大桶」下車徒歩10分)。
IMG_4320.jpg
ついで下今市のけっこう漬物森友バイパス店で保存されている車両を訪問。こちらは国鉄協三製移動機。番号は見当たりませんでした。
IMG_4329.jpg
黒く再塗装された東武ED4011.なお看板によるとブレーキ制御弁をSL大樹用として貸し出しているとの由。
IMG_4323.jpg
移動期の前には0系新幹線のお鼻がありました。
アクセス:東武下今市駅から徒歩25分orJR今市駅、東武下今市駅から日光市営バス温泉線温泉保養センター行きで「七本桜入口」下車徒歩10分or東武下今市駅から日光市営バス下小林線下小林線で「七本桜入口」下車徒歩10分
IMG_4335.jpg
こちらは東武日光駅前広場に里帰りした東武日光軌道線109(岡山電気軌道3010)。チロリン村から譲渡された車両です。
IMG_4344.jpg
日光市内の神橋そばの日光物産商会にこんなゴンドラが。場所柄明智平ロープウェイだとは思いますが番号などは見当たりませんでした。
IMG_4348.jpg
こちらは古河足尾歴史館にやってきた井笠鉄道7号機関車。井笠から流転を繰り返していますが安住の地となるのでしょうか。
IMG_4353.jpg
古河足尾歴史館に見かけぬ索道バケットがありました。日立セメント太平田鉱山で使用されたもので番号は左が40(68)、右が66 64(116)。なぜか方向によって表記番号が違いますがこれは…?
IMG_4358_20200702213504622.jpg
足尾銅山観光で使用されていた客車が置き換えられたのか1、2、3の3両がやってきていました。しかし古河足尾歴史館もよく車両が増えますし定期的に通う必要がありますねぇ。
続きます。
  1. 2020/07/02(木) 23:02:51|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

沖縄県立図書館に同人誌を寄贈しました

私の主催する同人サークル「(同)ほの国交通」ですが、沖縄県立図書館様に郷土資料として以下の同人誌を寄贈したのでお知らせします。
・離島バス・ガイド№6.5 瀬長島・伊江島
  1. 2020/07/01(水) 21:35:10|
  2. イベント告知関連
  3. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

検索フォーム

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (155)
保存車 (294)
バス (167)
イベント告知関連 (76)
バスの終点の風景 (20)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR