fc2ブログ

新・ほの国の雑記録帳

7月17日・生野・神子畑・明延

 コロナ禍を挟んで3年ぶりの祇園祭前祭の山鉾巡行、しかも3連休ど真ん中の日曜開催とあってさすがに行く気になれず、混雑回避と避暑を兼ねて但馬の鉱山へ。
 福知山、和田山と乗り換えて播但線の生野で下車。西口のバス乗り場へ向かいます。
IMG_6765.jpg
 生野駅から「夢但馬周遊バスたじまわる」の鉱石の道号に乗車します。この「たじまわる」は湯村温泉、城崎マリンワールド、出石など但馬エリアの観光エリアを周遊する定期観光バスで、1日乗車券が500円と破格の値段(バスガイドつき)。とりわけ鉱石の道号が周遊する生野銀山、神子畑、明延はバスの本数が少ないだけに一度に回れるのは非常にお得ではないでしょうか。
IMG_6842.jpg
 10時20分に生野銀山に到着。ここは再訪問、改めて坑道内を見学します。
IMG_6783.jpg
 生野銀山の坑道前にあった石像。Google Chromeにしか見えません。調べてみると、1996年に三菱経営移行100周年の記念モニュメントとして設置されたもので彫刻家の牛尾啓三氏の作品とのこと。
IMG_6870.jpgIMG_6885.jpg
 生野銀山には明延鉱山の一円電車や坑内で使用された車両も保存されていますが、右の坑内車両は塗装が茶色になっていました。11時45分に発車、生野駅に寄り道し次は神子畑鋳鉄橋。
IMG_6900_202207311807388bd.jpg
 バス車内より前面部分のみ保存されているC57 93を撮影。いつのまにかきれいになっていました。
IMG_6913.jpg
 神子畑鋳鉄橋は鋳鉄橋としては現存する日本最古の橋で、1977年に重要文化財に指定されています。バスの停車時間は5分。ささっと橋を撮影し駐車場そばで保存されているこの車両を見学。
IMG_6925.jpg
 神子畑鋳鉄橋そばで保存されている鉱車2両です。傍らの看板には「神新トロッコ(神子畑~新井間」という説明板がありました。正式名称は神新軌道で、神子畑と新井を結んでいた運搬軌道ですが1957年に廃止されています。看板には当時使用されたものとは書いていませんでした。他の鉱山で使用されたものを用いたイメージ展示かもしれません。
IMG_6941_20220731180742515.jpgIMG_6945_20220731180743f2b.jpg
 神子畑選鉱場へは12時30分に到着。ここでは35分ほど散策時間が設けられています。建物の基礎部分やインクラインが残され、トロッコのレールの跡も。なかなかエロい配線ですね。なお神子畑地区は新井からのバスが一応ありますが、平日月・金のみ4往復運行されるだけとなっています。
IMG_6950_20220731180744414.jpg
 神子畑選鉱場跡には一円電車の車両が3台保存されています。電気機関車5号、客車わかば号、鉱車36で、電気機関車と客車は兵庫県指定文化財に指定されています。
IMG_6964.jpg
 神子畑選鉱場跡のシックナー(沈殿分離装置)下にも何両か車両が保存(放置?)されています。場所的に神子畑選鉱場で使用されたものでしょうか。
IMG_6989.jpgIMG_6965.jpg
 外から確認できたのは鉱車224、368、無番、バケットローダー3両でした。整備する予定とかあるのでしょうか。お次は明延です。
IMG_7040.jpg
 1時間半ほどで明延に到着。そういえば以前にも明延に来ていましたが、まずは動態保存されている一円電車を見学・体験乗車。ボギー車の客車「くろがね号」です。こちらは前回訪問後に兵庫県指定文化財に指定されました。
IMG_7032.jpgIMG_7031.jpg
 左は訪問後にやってきたアクティオのBL478、427、416。右は国土交通省立山砂防軌道で使用された2-10-190「安政」です。
IMG_7120_20220731180755444.jpg
 あけのべ憩いの家で手続きをして再びバスに乗車。探検坑道へ向かいます。2組に分かれて坑道内を見学。坑内の保存車をゆっくり撮影する暇はなく、小走りで撮影しながら進みます。前回もそんな感じで途中離脱して明延バス停まで走ったなぁ。今回は幾分余裕があります。
 なお小ブログで以前触れたとおり、明延鉱山の車両はこの近くのあけのべ自然学校でも保存されていますが、鉱石の道号は通過するので注意。15時40分に探検坑道を出発、道の駅ようか但馬蔵に寄り道し16時50分に八鹿駅に到着。バスの終点は和田山駅ですがここで下車します。帰りは特急きのさきで帰宅しました。
 定期観光バスというものに乗車したのはそういえば初めてです。なかなか効率よく回れたので興味深いコースがあったらまた乗ってみたいと思った次第。
 今回の更新は以上です。
スポンサーサイト



  1. 2022/07/31(日) 21:29:35|
  2. 保存車
  3. | コメント:2

7月9日・天理・平群

 天理方面へ。
IMG_6470.jpgIMG_6535.jpg
 天理で桜井線に乗り換え。天理教の本部のある宗教都市の玄関駅だけあり、JRも近鉄もホームが広く、団体用の改札も設けられています。
IMG_6477.jpgIMG_6494.jpg
 桜井線沿いにあるワムハチのダルマさん2両。280000番台で北側がワム280857、南側がワム288476でした。
IMG_6508.jpgIMG_6514.jpg
 天理駅そばの田井庄池公園で保存されているD51 691、オハ61 930を訪問。近鉄天理駅のホームから見える車両で状態は相変わらず良好です。
IMG_6567.jpg
 田原本で田原本線に乗り換え。11年ぶりの乗車でしょうか、ひたすら入場券を収集していたことを思い出します。大輪田で下車。徒歩8分ほどのカフェ「Secret Base JO-9 cafe」へ。ロンドンバスのAUO 514Bが利用されています。
 王寺で生駒線に乗り換えますが、先ほどまで降っていた大雨のせいで東山~王寺間が運転見合わせ。そういえば平端で橿原線に乗り換えた時に、雷を伴う激しい雨が降っていました。30分ほど待つと運転再開。
IMG_6591_20220724171443cdc.jpg
 生駒線沿線で利用されているワムハチのダルマさん。180000番台でワム187x4xと読み取れましたがx部分は不明です。
 今回の更新は以上です。


  1. 2022/07/24(日) 17:53:11|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

7月3日・京都鉄道博物館・茨木・長岡京

 京都鉄道博物館の特別展示etcへ。
IMG_6332.jpg
 今回出張展示にやってきたのはバイク・ハヤブサラッピングの若桜鉄道WT-3301。イベント兼用車両で見たのは8年ぶりでしょうか。1両のみの展示とあってか広々としており、出張販売も行われていました。
IMG_6326.jpgIMG_6334.jpg
 WT-3301のそばにはバイク・ハヤブサが3台展示されていました。バイクはよくわかりませんがお高そう。車内公開もされていましたが、こんな風に座席転換できるのかぁ(観光バスみたいです)。
IMG_6324.jpg
 館内で展示されているEF66 35号機の片側に「はやぶさ」のヘッドマークがついていました。粋ですねぇ。
IMG_6373.jpg
 京都鉄道博物館のデッキより廃コンテナが見えたので撮影。左は表記が読み取れませんでしたが右は18D-16521でした。
IMG_6414.jpg
 ちょっと足を延ばして茨木へ。市内で利用されているダルマさんを見に行きます。よくあるワム60000・ワラ1ではなくヤ400と思われるダルマさんなのが珍しい(番号は不明ですが連結注意の表記が残っていました)。
IMG_6438.jpg
 この日は塚本で人身事故が起きておりJRのダイヤがもうむちゃくちゃ。16時台ですが2時間以上の遅れで閉口。高槻の手前で詰まりなかなか動きませんでした。
IMG_6442.jpgIMG_6443.jpg
 長岡京で下車し、駅近くの神足公民館へ。長岡京駅改称前の神足駅の駅名標が保存されていますが、JRの駅名標が保存されているのは結構珍しいですね。
 今回の更新は以上です。
  1. 2022/07/18(月) 17:45:21|
  2. 日記
  3. | コメント:0

6月25日・丸岡・福井

 福井の下馬中央公園の福井鉄道モハ161-2の車内公開ついでに。
IMG_6149.jpg
 湖西線蓬莱駅で下車し、駅から徒歩5分ほどの自動車整備工場にあるロンドンバスを見に行きます。ナンバーや番号などはついていませんでしたがタイタンPD2のようです。
IMG_6196.jpg
 湖西線と北陸線を乗り継いで丸岡で下車。駅近くに4両のダルマさんが置かれています。
IMG_6207.jpgIMG_6228.jpg 
 ワキのダルマさんは珍しいのですが、2両置かれていました(ワキ5000です)。番号不明ですが左のワキは「海」という所属表記が。JR東海の車両でしたか…。
IMG_6219.jpgIMG_6214.jpg
左はワム82696、右は番号不明のワラ1です。ワラ1は航空写真とは向きが違っていました。
IMG_6239.jpgIMG_6247.jpg
 こちらは北陸線沿いにあるワムハチ2両。表記などは読み取れませんでした。
IMG_6263_20220710205518a02.jpg
 下馬中央公園の福井鉄道モハ161-2にやってきました。普段は車内非公開ですが、福井地震の起きた6月28日に近い土曜日に公開されます。
IMG_6264.jpg
 13~16時まで車内公開のお手伝いをしていました。いわゆる鉄道オタク…ぽい人はほとんど見かけず、公園に来ていた親子連ればかりだったのが印象的です。福井新聞の取材も来ていました。
 16時で撤収し解散。ご一緒したお二人お疲れさまでした。
 今回の更新は以上です。
  1. 2022/07/10(日) 21:36:40|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

6月18日・東岡崎ほか

 名鉄の降りつぶしついでに保存車訪問を。
 列車を乗り継いで東岡崎で下車、バスとの連絡時間が8分くらいしかないのに3分ほど遅れていましたが、なんとかバスに乗車します。
IMG_5963.jpg
 岡崎市内で利用されている名鉄ワム500形のダルマさん2両です。鉄道友の会の保存車一覧で存在は知っていましたが、まだ大手私鉄の木造貨車がまだ残っていたとは。銘板や表記などは全て失われており判読不能でした。
IMG_5947.jpg
 近くには怪しげな台車が。木材の加工関係かしら。
IMG_5987.jpgIMG_5990.jpg
 バスを乗り継いでこんな場所にやってきました。豊田市内の個人宅で保存されている桃花台新交通(ピーチライナー)の113です。ちょっと痛みが出ています。ピーチライナーは廃線後に何両かが譲渡されたようですが、確認できるのは113を含めて4両です。
 しかしまぁ路線バスの乗り継ぎなんてするもんじゃないし、難しいですねぇ。名鉄バスで東岡崎に戻ります。
IMG_6012.jpg
 そろそろ建て替えが始まるという東岡崎駅。令和の世まで生き残るとは思っていませんでした。岡ビル百貨店、そういえば閉店してましたねぇ。
IMG_6039.jpg
 新安城で西尾線に乗り換えて何駅か降ります。この「碧海」、駅名につく冠詞(旧国名や地域名、会社名)の中でもマイナーな部類ではないでしょうか(そういえば銀行くらいでしか使いません)。
IMG_6051_20220703225257315.jpg
 西尾口駅前で見かけた大興タクシー・三河300 あ 102
IMG_6057.jpg
 西尾で吉良吉田行きに乗り換えると夕刊が。新聞輸送列車なんてひさしぶりに見ました。上横須賀と福地で回収されていった模様。
IMG_6090.jpg
 夏場で18時を過ぎても日が高いのはありがたい。尾西線で未降車だった奥町、開明、西一宮を下車し尾西線全駅下車終わり。西一宮って高架駅だったんですねぇ。
 今回の更新は以上です。
  1. 2022/07/07(木) 21:48:40|
  2. 保存車
  3. | コメント:0

プロフィール

ほの国の人

Author:ほの国の人
保存車やバスについて扱うブログです。サークル「(同)ほの国交通」の告知等もこちらで行います。本内容の写真等の無断転載はご遠慮ください。
なお何かございましたらコメント欄かツイッター(@honokunigou)までお寄せいただいたら幸いです

検索フォーム

カテゴリ

ごあいさつ (2)
日記 (178)
保存車 (336)
バス (175)
イベント告知関連 (98)
バスの終点の風景 (20)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR